マージー子爵: Viscount Mersey)は、イギリスの子爵貴族連合王国貴族爵位。法曹家ジョン・ビガム英語版が1916年に叙されたことに始まる。

1995年以降、ロード・オブ・パーラメントたるネアーン卿1681年創設のスコットランド貴族爵位)も併せ持っている。

初代子爵ジョン・ビガム

歴史編集

高等法院女王座部英語版判事や家事部長官英語版を歴任したジョン・ビガム英語版(1840–1929)は、1910年3月16日連合王国貴族としてランカスター州トクステスにおけるマージー男爵(Baron Mersey, of Toxteth in the County Palatine of Lancaster)に叙された[1][2][3][4]。初代男爵はタイタニック沈没事故を含むいくつかの海事審判を行ったのち、1916年1月22日ランカスター州トクステスにおけるマージー子爵(Viscount Mersey, of Toxteth in the County Palatine of Lancaster)に陛爵した[2][4][5]

その息子の2代子爵チャールズ(1872-1956)義和団の乱に従軍した陸軍軍人で、のち政界に転じて枢密顧問官に任じられている[6][7]

その孫にあたる4代子爵リチャード(1934–2006)は1995年に母方からスコットランド貴族爵位のネアーン卿を継承した[3]。これ以降、歴代の子爵家当主は卿位を併せ持っている[3]

2020年現在、その息子である5代子爵エドワード(1966-)が子爵家現当主である。

一族の邸宅は、サセックス州プルバラ英語版近郊に位置するビグナー・パーク(Bignor Park)[3]

現当主の保有爵位編集

現当主である第5代マージー子爵エドワード・ジョン・ヘイラム・ビガムは以下の爵位を有する[3]

マージー子爵(1916年)編集

爵位の推定相続人は、現当主の叔父であるデビッド・エドワード・ヒュー・ビガム(1938-)閣下。

推定相続人の法定推定相続人は、その息子チャールズ・リチャード・ペティ・ビガム(1967-)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ No.28349”. The Gazette 18 March 1910. 2019年11月9日閲覧。
  2. ^ a b Arthur G.M. Hesilrige (1921). Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. p. 625. http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse/page/624 
  3. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Mersey, Viscount (UK, 1916)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  4. ^ a b 10.1093/ref:odnb/31884”. Mooney, Hugh (May 2006)."Bigham, John Charles, first Viscount Mersey (1840–1929)" Oxford Dictionary of National Biography (online ed.). Oxford University Press.. 2019年11月9日閲覧。
  5. ^ No.12900”. The Gazette 1 February 1916. 2019年11月9日閲覧。
  6. ^ Mosley, Charles, ed (2003). Burke's Peerage, Baronetage & Knighthood. 2 (107 ed.). Burke's Peerage & Gentry. p. 2668. ISBN 0-9711966-2-1 
  7. ^ No.37598”. The Gazette 4 June 1946. 2019年11月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集