メインメニューを開く

マーティン・ワイト(Robert James Martin Wight、1913年11月26日 - 1972年7月15日)は、イギリス歴史学者国際関係学者。

生涯編集

サセックス州ブライトン生まれ。オックスフォード大学ハートフォード・カレッジで近代史を学ぶ。英国王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)研究員、オブザーバー紙記者を経て、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス1949年-1961年)、サセックス大学1961年-1972年)で教鞭を執る。

英国学派の父祖とされる。寡作で知られ、代表的な著作は、彼の死後に弟子のヘドリー・ブルらによって編纂されている。

著作編集

単著編集

  • The Development of the Legislative Council, 1606-1945, (Faber and Faber, 1946).
  • The Gold Coast Legislative Council, (Faber and Faber, 1947).
  • British Colonial Constitutions, 1947, (Clarendon Press, 1952).
  • Systems of States, edited by Hedley Bull, (Leicester University Press, 1977).
  • Power Politics, edited by Hedley Bull and Carsten Holbraad, (Leicester University Press, 1978).
  • International Theory: the Three Traditions, edited by Gabriele Wight and Brian Porter, (Leicester University Press, 1991).
佐藤誠安藤次男龍沢邦彦大中真佐藤千鶴子訳『国際理論――三つの伝統』(日本経済評論社, 2007年)
  • Four Seminal Thinkers in International Theory: Machiavelli, Grotius, Kant, and Mazzini, ed. by Gabriele Wight and Brian Porter, (Oxford University Press, 2005).

共編著編集

  • Diplomatic Investigations: Essays in the Theory of International Politics, co-edited with Herbert Butterfield, (George Allen & Unwin, 1966).
    • 『国際関係理論の探究―英国学派のパラダイム』、佐藤誠ほか訳、日本経済評論社、2010年、ISBN 978-4-8188-2137-8

関連項目編集

外部リンク編集