マーベルマン/ミラクルマン

ミラクルマン(原題:マーベルマン)はミック・アングロによって創造され、「マーベルマン#25」(1954年1月末)で初登場した架空のスーパーヒーローである。

Miracleman
出版の情報
出版者L. Miller & Son, Ltd. (UK)
Quality Communications (UK)
Eclipse Comics (USA)
Marvel Comics (USA)
初登場Marvelman #25 (Feb. 1954)
クリエイターMick Anglo
作中の情報
本名Michael Moran
パートナーMiraclewoman
Warpsmiths
Kid Marvelman
Young Marvelman
著名な別名Micky
Marvelman
能力Flight
Super-strength
Invulnerability
Greatly increased intelligence
Heightened senses
Telekinesis
Telepathy
Concussive energy blasts

概要編集

元々は、イギリス発のスーパーヒーローであったが、紆余曲折あって、現在はアメリカの漫画出版社マーベル・コミックが権利を所有している。

歴史編集

創造の経緯編集

20世紀に入り、アメリカでスーパーヒーローブームが起き、イギリスにも、アメリカ製コミックブックが輸入されるようになった。

しかし、第二次世界大戦や国内産業保護のため、アメリカ製コミックブックの輸入が禁止されると、イギリスの出版社は、オリジナルのヒーローを創造(大半はスーパーマンバットマンを翻案したものだった。)したり、アメリカから権利を取得して、出版を行うようになった。

特に人気だったのが、アメリカで絶大な人気を博したキャプテンマーベル(シャザム)で、Lミラー&サン社が1945年から白黒で刊行を開始した。

出版は、「キャプテン・マーベル・アドベンチャー」「キャプテン・マーベルJr.」「マーベル・ファミリー」「ウィズコミックス」の4誌を展開するほどの人気ぶりだった。

しかし、人気の一方でナショナルコミックス(現DCコミックス)からスーパーマンとの盗作疑惑が持ち上がり、裁判で争った結果、ナショナル側の主張を認める判決が下り、スーパーヒーローものが冷え込む時期というのもあって、ナショナルとの示談交渉に入り、40万ドルの損害賠償とキャプテンマーベル関連誌の出版が差し止められた。 このことを受け、Lミラー&サン社は急遽漫画家のミックアングロにキャプテンマーベルに代わるキャラクターを考案させ、登場したのがマーベルマンとヤング・マーベルマンである。

脚注編集

参考文献編集

  • マーベルマンの起源、 マシュー・H・ゴア著、 コミックブック市場 #22
  • Boardman Comics Monographs#1:The Origin of Marvelman 、 Matthew H. Gore 、48ページ、 Boardman Books 、2006

外部リンク編集