メインメニューを開く

マーベル・コミック(英名:Marvel Comics) は、ニューヨークに本社を置くアメリカ合衆国漫画出版社である。DCコミックスと並ぶ二大アメコミ出版社のひとつ。カタカナ表記は「マーベル[1]で、1990年代は「マーヴル」が公式な綴りとされたが、揺れがあり「マーヴェル」「マーブル」も見られる。

マーベル・コミック
Marvel Comics
MarvelLogo.svg
種類 エンターテインメント
略称 MC
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市
設立 1939年(Timely Comicsとして)
業種 情報・通信業
事業内容 コミック
売上高 US$125,700,000 (2007)
営業利益 US$53,500,000 (2007)
所有者 マーベル・エンターテインメント(ウォルト・ディズニー・カンパニー)
主要株主 ウォルト・ディズニー・カンパニー
関係する人物 スタン・リー
外部リンク https://www.marvel.com/
テンプレートを表示

カリフォルニア州に本社を置く半導体メーカーマーベル・テクノロジー・グループ」は一切の関係を有さない[2]

目次

歴史編集

1939年にマーティン・グッドマンを社長に、その甥で当時まだ十代のスタン・リーを編集に据え、「タイムリー・コミックス(Timely Comics)」として発足した。のちに「アトラス・コミックス(Atlas Comics)」と名を変え、1957年に現在の「マーベル・コミックス」となる[3]。競合誌の「DCコミックス」とともに、アメリカン・コミックを代表する著名なスーパーヒーローのほとんどを生み出した[4]1982年には、日本の漫画「AKIRA」の原版を反転しカラー化して出版している[5]1992年には、アメコミ界初のゲイヒーローが登場する作品の連載も始めた[6]

1980年代後半から徐々に経営が悪化し、一時はマイケル・ジャクソンが買収に乗り出したこともあったが[7]1997年に倒産し、「マーベル・エンターテインメント」として再稼働するも振るわず、2009年ウォルト・ディズニー・カンパニーに買収された。

ウォルト・ディズニー・カンパニーによる買収編集

2009年8月31日、ウォルト・ディズニー・カンパニーは、40億ドルでマーベル・エンタテインメントを買収し、マーベル株主に対し、1株当たり30ドルとディズニー株0.745株を支払うことにした[8] 。ただし、買収される前の2001年にサバン・エンターテイメントがディズニーに買収されてから、ディズニーはマーベル系のアニメをつくってきた[9]。株主投票は 2009年12月31日におこなわれ、数時間で[10]買収が決まった[11]

レイティングについて編集

2001年にコミックス倫理規定委員会を脱退して以来、本社は、自社レイティングを始めた。レイティングはコミックスについている統一商品コードの上にある。

レイティングは以下の通り

ALL AGES
全年齢対象
A
9歳以上対象
T+ TEENS AND UP
13歳以上対象で、13歳未満の子供が読む場合は、保護者が一度眼を通しておく必要がある。
PARENTAL ADVISORY
15歳以上対象。T+よりも描写・テーマが大人向けである場合が多い。
MAX: EXPLICIT CONTENT
18歳以上対象。このマークがついている作品や成人向けの作品は、表紙に大きく"MAX: Explicit Content"と印刷されている。 MAX指定されているものは子供の目につかないよう、日用雑貨食料品店などで扱われることはない。

代表的な出版作品編集

クロスオーバー作品編集

同社のヒーローが一堂に会する、一大クロスオーバー作品のメジャータイトル。

映画化編集

マーベルキャラが出演するモバイルゲーム編集

マーベルキャラが出演するコンピュータゲーム編集

特に表記のない物はカプコン製。

マーベルキャラが出演するパチンコ・パチスロ編集

玩具編集

かつてのマーベルの玩具展開はTOYBIZが行っており、日本ではやまと、レッズ、ハピネットが代理店となって販売していた時期もある。2006年でTOBIZがマーベルから撤退した後はハズブロが玩具展開を行っている。

東映との提携編集

1977年6月[12]、東映がアメリカ出版社・ケイデンス・パブリッシングとキャラクターに関するライセンス契約を結び[12]、同社の事業部門であるマーベル・コミックス・グループ(Marvel Comics Group、略称MCG)が発行するコミック誌のキャラクター全ての劇画権、出版権などを獲得した[12]。1978年5月15日に[13]東映本社で、マーベル・コミックス・グループと東映が業務提携すると発表され[13]、漫画本、マーチャンダイズの発行を行うとし[13]、以降の1978年から1981年にかけて、『スパイダーマン』の実写化(スパイダーマン)やスーパー戦隊シリーズなどの作品に携わった[13]スタン・リーは東映の『スパイダーマン』を絶賛した[13]。1980年にマーベル・コミックス・グループがフィルム業界進出を狙い新たに「マーベル・プロダクション」を設立したため[14]、東映は業務提携を強化することになり[14]、同年7月10日、東映本社で、同グループ社長・ジェームス・ゴードン、岡田茂東映社長、今田智憲東映動画社長による共同記者会見を行い[14]、同社と出版、キャラクター商品などの提携の他[14]、この提携で両社は共同でテレビ、劇場用アニメーションの企画・製作・販売を強化するとし[14]、製作に関しては岡田社長が「世界的に評価の高い東映動画が一手に引き受ける契約をした」と話した[14]。販売に関してはアメリカの三大ネットワークを始め、双方のルートを通じて、アメリカはマーベル、日本及び東南アジアは東映で、ヨーロッパは共同で世界のマーケットへ進出を企図した[14]。当時のほとんどの作品には「(C)(テレビ局名)・MCG・東映」と著作権表記されていたが、現在では版権切れに伴って表記が消えている。

また、1980年には、マーベルの怪奇コミックス「The Tomb of Dracula」を原作として東映動画が制作したテレビアニメ特番『闇の帝王 吸血鬼ドラキュラ』が放送されている。

一方、米国においてはマーベルコミックスが『惑星ロボ ダンガードA』、『超電磁ロボ コン・バトラーV』などの主役ロボットが宇宙で活躍するコミックス『ショーグン・ウォリアーズ (en:Shogun Warriors (toys)#Comics) 』を刊行している。

この提携契約終了後はほとんど縁がなかったマーベルと東映だが、2014年から放送開始となるマーベルの日本ローカライズアニメ作品『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』は東映アニメーションが制作することになった。

MCG提携による東映作品編集

MARVEL提携による東映アニメーション作品編集

マーベル75周年の軌跡 コミックからカルチャーへ!編集

マーベル75周年の軌跡 コミックからカルチャーへ!(原題:MARVEL75YEARS FROM PULP TO POP!)はアメリカ合衆国のドキュメンタリー作品。[15]スパイダーマンや、アイアンマンなどを生み出したマーベルが誕生して、75周年を記念して制作[15]され、ホストには「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」に出演したエミリー・ヴァンキャンプが務め、マーベル関係者のインタビューを基に歴史をたどっていく内容である。[15]

日本ではDlifeで映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の日本公開を記念して、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン公開記念 マーベル75年の軌跡 コミックからカルチャーへ![16]として2015年7月5日 22:00 - 23:00(JST)に吹き替え版として放送された。[15][17]

参考文献編集

  • 『THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大辞典』小学館集英社プロダクション、2010年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国内の権利を有するディズニーは、ウェブサイトで「マーベル」と表記している。[1]
  2. ^ 日本では両社の略称に誤記も散見されるが、マーベル・コミックスは「Marvel」、マーベル・テクノロジー・グループは「Marvell」である。
  3. ^ スーパーヒーローとアメリカ社会森田匡、慶応大学『政治学研究』49号(2013)
  4. ^ アメリカン・コミックとアメリカ映画に見る原子力の姿 植竹大輔、日本大学工学部、国際文化表現学会東京大会シンポジウム「原子力をめぐる文化表象」2012年12月8日
  5. ^ ビジネスケース『ビズメディア〜北米マンガ市場の開拓者』一橋大学イノベーション研究センター、東洋経済新報社, 2014
  6. ^ ディズニーアニメにおけるマイノリティ表象と社会的影響神尾美咲、獨協大学、2013 年1月
  7. ^ MICHAEL JACKSON, INC.: マイケル・ジャクソン帝国の栄光と転落、そして復活へザック・オマリー・グリーンバーグ、Cccメディアハウス, 2014
  8. ^ Disney to Acquire Marvel Entertainment for $4B”. Marketwatch. 2009年8月31日閲覧。
  9. ^ “News Corp. and Haim Saban Reach Agreement to Sell Fox Family Worldwide to Disney for $5.3 Billion” (プレスリリース), Saban Capital Group, (2001年7月23日), オリジナルの2008年10月13日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20081013045758/http://www.saban.com/html/press/010723.html 2019年5月4日閲覧。 
  10. ^ Disney Completes Marvel Acquisition[リンク切れ], Fox Business, December 31, 2009
  11. ^ Marvel Shareholders OK Disney Acquisition, Marketwatch, December 31, 2009
  12. ^ a b c “東映、米誌のキャラクター権獲得―大手出版社と契約、同時に自社品輸出図る。”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 9. (1977年5月19日) 
  13. ^ a b c d e “東映がアメリカのマーベル・コミック社と提携”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1978年5月30日) 
  14. ^ a b c d e f g 「東映、米マーベル・プロと業務提携結ぶ 企画・販売は両社、製作は東映動画で」『映画時報』1980年9月号、映画時報社、 16頁。
  15. ^ a b c d 「アベンジャーズ」最新作公開記念! 「エージェント・オブ・シールド」とマーベルのドキュメンタリー番組がDlifeにて7月放送”. TVグルーブ (2015年6月24日). 2015年9月27日閲覧。
  16. ^ 「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン公開記念 マーベル75年の軌跡 コミックからカルチャーへ!」公式ページ”. Dlife. 2015年9月27日閲覧。
  17. ^ ホストのエミリー・ヴァンキャンプ御沓優子が吹き替え、関係者の部分を字幕での放送。

関連項目編集

外部リンク編集