マールテン・ド・フォス

153-1603, アントワープの画家。

マールテン・ド・フォス (Marten de Vos, Maartenとも 1532年1603年)は、アントウェルペン16世紀後半に活躍した画家である。

マールテン・ド・フォス
Marten de Vos
Marten de Vos Cana.jpg
マールテン・ド・フォス画『カナでの婚宴』
聖母大聖堂アントウェルペン
生誕1532年
アントウェルペン
死没1603年
アントウェルペン

生涯編集

アントウェルペンで生まれた。父親のピーテル・デ・フォスはライデンの出身で、父親とフランス・フロリス(1519/1520-1570)から絵を学んだ。徒弟時代が終わると、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアに修行に出て、マニエリスム様式を取り入れた。彼はまたヴェネツィア派の色彩の影響を受けており、ティントレットの工房で働いた経験があるのではないかと考えられている。[1]

1558年にイタリアから戻ると、アントウェルペンの聖ルカ組合の親方になった。アントウェルペンの船主の支援を受けるようになり絵の注文も得られ1560年までには結婚し、画家になった2人の息子、 Daniel (1568–1605) と Marten (1576–1613)が生まれた。

1566年に起きたイコノクラスム(聖像破壊運動)の後、ド・フォスはアントウェルペンでカトリック教会の再建のための祭壇画を多く手掛けた。その中にはアントウェルペンの聖ルカ組合のための『聖母を描く聖ルカ』(1602)や、商人たちの組合のために描かれた『カナでの婚宴』(1597)がある。[2] 彼の甥であるウィレム・ド・フォスも画家となった。

1564年から1600年の間、工房を運営し、後に建築家、技術者となったヴェンツェル・コーベルヘル(Wenzel Coebergher)がフォスの工房で働いた。

作品編集


参照編集

  1. ^ Kristin Lohse Belkin. Rubens. w:Phaidon Press, 1998 (pp. 22-24). ISBN 0-7148-3412-2
  2. ^ Christiaan Schuckman: "Vos, Marten [Maarten; Maerten] de, the elder" Grove Art Online. w:Oxford University Press, [accessed 17 May 2007].

外部リンク編集