ミクーリン AM-34 (M-34)ロシア語: Микулин АМ-34)はソビエト初の液冷式航空機エンジンで、同時にソビエトで初めて可変ピッチプロペラを活用した。エンジンの生産は1934年9月に始まりベリエフ MBR-2ツポレフ TB-3ツポレフ TB-4ツポレフ ANT-20ペトリャコフ Pe-8カリーニン K-7ポリカルポフ I-17ボルクホヴィティノフ DB-ASU-100Yに搭載された。

ミクーリン AM-34, 1932

このエンジンを元にAM-35AM-38などの改良型が開発されている。

派生型編集

AM-34
自然吸気式。
AM-34FRN
高出力型。1,850 rpmで1,200 hp。
AM-34N
遠心式過給機搭載。

仕様 (AM-34)編集

  • 形式:12気筒 60°V型航空機エンジン
  • シリンダ径:160mm (6.30 in)
  • 行程:190mm (7.48 in)
  • 排気量:45.82 L (2,796 in³)初期型 46.66 L (2,847 in³) 後期型
  • 重量:670 kg (1,477 lb)
  • 燃料システム:気化器
  • 冷却装置:液冷式
  • 出力:
    • 615 kW (825 hp) 1,850 rpm 離陸時
    • 560 kW (750 hp) 1,760 rpm 巡航時
  • 比出力:13.42 kW/L (0.30 hp/in³)
  • 圧縮比:6.0:1
  • 出力重量比:0.92 kW/kg (0.56 hp/lb)