ミハイル・コガルニセアヌ (モニター)

NMS ミハイル・コガルニセアヌ (NMS Mihail Kogălniceanu) はルーマニア海軍で運用されたモニター艦である。

NMS ミハイル・コガルニセアヌ
NMS Mihail Kogălniceanu
Mihail Kogălniceanu monitor.jpg
ミハイル・コガルニセアヌ (1941)
艦歴

Mihail Kogălniceanu
起工 1907年オーストリア=ハンガリー帝国STT 造船所
所属 Naval ensign of Romania (1922-1947).svg ルーマニア王国海軍
進水 1907年ルーマニアガラツィ造船所 (組立)
竣工 1907年ルーマニアガラツィ造船所
除籍 1944年8月24日
要目
艦種 モニター艦
艦級 イオン・C・ブラティアヌ級モニター
排水量 750 t
全長 63.5 m
全幅 10.3
喫水 1.6 m
機関 機関 2台 1,800 hp
推進 2
速力 13 kn
航続距離 1,500 (9.7 kn)
乗員 110 名
武装 (第二次世界大戦) 120 mm シュコダボフォース 単装砲 3 門
47 mm シュコダ 単装砲 4 門
37 mm SK C/30 高角砲 2 門
13 mm オチキス 単装機銃 2 門
装甲 70-75 mm

ミハイル・コガルニセアヌは河川用モニターとして1907年に進水、就役し、1918年に海上用モニターとなった。第一次世界大戦、第二次世界大戦を戦い、1944年にソ連軍機の攻撃により沈没した。

概要編集

 
ソビエト連邦海軍時代のイオン・C・ブラティアヌ級モニター、アゾフの上面図 (旧イオン・C・ブラティアヌ、第二次世界大戦後)

ミハイル・コガルニセアヌは4隻建造されたイオン・C・ブラティアヌ級モニターの一隻として1907年にガラツィ造船所で完成した。標準装備で680トン、全装備で750トン、長さ63.5メートル、梁10.3メートル、喫水1.6メートル。 推進機関は2つのエンジンと2つのシャフトに動力を供給する2つのYarrowボイラーで構成され、合計1,800馬力を生成し、13ノットの最高速度を持っていた。ミハイル・コガルニセアヌの装甲は、ベルト、デッキ、砲塔、コーニングタワーで70-75mmであった。第一次世界大戦中、ミハイル・コガルニセアヌは、独立した装甲砲塔に120mmシュコダ海軍砲3隻、120mmシュコダ海軍榴弾砲1本、47mmシュコダ海軍砲4本、ルーマニア製マキシム機関砲2本を搭載していた。第二次世界大戦前の1937-1938年に近代化改修を受け、3つの120mmシュコダ銃は、3つのより長い120mmシュコダ・ボホール砲に置き換えられた。第二次世界大戦中、ミハイル・コガルニセアヌは3つの120mmシュコダ - ボフォール海軍銃、4つの47mmシュコダ海軍砲、2つの37mm SK C / 30対空砲、13mmのホッチキス機関銃を搭載していた。[1][2][3][4]

1918年の初め、ミハイル・コガルニセアヌは海上用モニター艦に転用されることとなった。砲台への波除の装備、海上での揺れ対策が施され、3月の初めに、ミハイル・コガルニセアヌは海上で就役可能となった[5]

第二次世界大戦編集

 
ソ連海軍 モニター艦 ウダルニー

ルーマニアが1941年6月に枢軸軍のソビエト連邦侵攻に加わったとき、ミハイル・コガルニセアヌはソ連海軍からドナウ川河口を守備する艦隊"Tulcea Tactical Group"の旗艦を務めた。 6月の終わりまでに、ミハイル・コガルニセアヌはソビエト海軍と数回交戦し、2隻の補助巡視船を沈めた。7月13日、ミハイル・コガルニセアヌはソ連軍のモニター艦と交戦し、これを沈めあるいは退けた。 翌14日には、ミハイル・コガルニセアヌはソ連軍のモニター艦ウダルニー(Udarnyy)に損傷を与え、後退させた。この海域のソビエト艦隊は7月下旬に撤退した[6][7]

1944年8月24日、ルーマニアがソ連と停戦した翌日、ミハイル・コガルニセアヌはソビエト軍機の攻撃により沈没した[8]

出典編集

  1. ^ Robert Gardiner, Conway's All the World's Fighting Ships, 1906-1921, Naval Institute Press, 1985, p. 422
  2. ^ Marian Sârbu, Marina românâ în primul război mondial 1914-1918, Editura Academiei Navale Mircea cel Bătrân, 2002, p. 144
  3. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940-1945, Ion Cristoiu Publishing, 2000, p. 259
  4. ^ Navypedia: ION C. BRATIANU river monitors (1907-1908)
  5. ^ Raymond Stănescu, Cristian Crăciunoiu, Marina română în primul război mondial, p. 271 (in Romanian)
  6. ^ Jipa Rotaru, Ioan Damaschin, Glorie și dramă: Marina Regală Română, 1940-1945, Ion Cristoiu Publishing, 2000, pp. 58 and 88
  7. ^ Jonathan Trigg, Death on the Don: The Destruction of Germany's Allies on the Eastern Front, History Press Limited, 2017 Chapter 3
  8. ^ Robert Gardiner, Conway's All the World's Fighting Ships, 1906-1921, Naval Institute Press, 1985, p. 422