ムスコン (muscone) は有機化合物の一種で、麝香に含まれ、その香りの元となっている15員環の環状ケトン[1]。化学式は C16H30O、分子量は 238.40 である。IUPAC命名法では (R)-3-メチルシクロペンタデカノンと表される。CAS登録番号はR体が[10403-00-6]、ラセミ体が[541-91-3]。

ムスコン
識別情報
CAS登録番号 10403-00-6
特性
化学式 C16H30O
モル質量 238.40 g/mol
密度 0.9221 g/cm3
融点

−15 °C

沸点

328 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1906年に単離され[2]レオポルト・ルジチカにより1926年に構造が解明され[3][4]、1934年に化学合成された[5]キラル化合物であり、天然に存在するのは (R)-体((−)-体)である。

揮発性のある無色の油状液体で、などの極性溶媒に溶けにくいが、有機溶媒にはよく溶ける。香料の原料として、合成によりラセミ体が生産されている。

類似の香りを持つ香料として合成ムスクと呼ばれる人工化合物群が知られるが、それらは香りが似ているだけで構造などは大きく異なる(例: キシレンムスク〔1-tert-ブチル-3,5-ジメチル-2,4,6-トリニトロベンゼン〕)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 木村孟淳「中国の生薬62:麝香」『月刊漢方療法』第12巻第3号、2008年、 p.p.200-202。
  2. ^ Walbaum, H. J. (1906), “Das natürliche Moschusaroma”, J. Prakt. Chem. 73: 488-493, doi:10.1002/prac.19060730132 
  3. ^ Ruzicka, L. (1926), “Zur Kenntnis des Kohlenstoffringes VII. Über die Konstitution des Muscons”, Helv. Chim. Acta 9 (1): 715-719, doi:10.1002/hlca.19260090197 
  4. ^ Ruzicka, L. (1926). “Zur Kenntnis des Kohlenstoffringes VIII. Weitere Beiträge zur Konstitution des Muscons”. Helv. Chim. Acta 9 (1): 1008-1017. doi:10.1002/hlca.192600901136. 
  5. ^ Ziegler, K.; Weber, K. (1934), Über vielgliedrige Ringsysteme: IV. Die Synthese des rac. Muskons, 512, pp. 164–171, doi:10.1002/jlac.19345120114 

関連項目編集