メインメニューを開く

ムルクは、マヤ文明で使われていたツォルキン(暦)の第9番目の日。キチェ語Toj。病気、痛み、苦痛、自然への(罰としての)贈物の象徴。

  • 解釈:罪に起因する苦しみを象徴する。すべてを与えてくれる創造主に奉納と祈願を捧げるのに適した日。ムルクは正義、愛、意思伝達、集合のお返しと釣合いを意味する。
  • 長所:力強い、創造的、団結、知的、活発、誠実、分析家、勇敢、想像力豊か、バランスが良い
  • 短所:悪徳、怒りっぽい、病気や痛み、問題を抱えやすい
  • 健康:日常的に病気になる。病気の原因は、体内に入り込むマイナス・エネルギーである。ほぼ常に問題は慢性化し、退行性になる。精神的リーダーになる可能性もある。
  • 祭事:突然死しやすい人の命を守るため、創造主と意思疎通するため、正義が実現するようにと捧げ物をして願うのに適した日。


参考文献編集

  • Calendario Guatemala Maya 17a. Edicion (Fundacion Centro Cultural y Asistencia Maya: CCAM)