ムルタザタタール語: مرتضى, ラテン文字転写: Murtaza, 生年不詳 - 1565年)は、シビル・ハン国の王族。

生涯編集

シビル・ハン国の君主であったイバク英語版の子。1495年頃に父が死去するとその後継者となったが、君主位はムルタザのシバン家ロシア語版と対立していたタイブガ家ロシア語版マムク英語版の手に渡った。

ムルタザの代にチュメニに居住していたウズベクは、ティムール朝の衰退に乗じて勢力を拡大したカルムイクから、あるいはモンゴルからの圧迫を受けてマー・ワラー・アンナフルに移住した。その結果、チュメニに残ったウズベクはごく一部となった。

1556年頃、ムルタザの子のクチュム英語版がシビルの君主であったヤーディガルスペイン語版(マムクの孫)を打倒して[1]君主位をタイブガ家から奪取した[2]。ムルタザ自身は1565年に死去したとされる。

出典編集

  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “シビル・ハン国” (日本語). コトバンク. 2020年7月11日閲覧。
  2. ^ Armstrong 2017

参考書籍編集

  • Armstrong, Terence (2017). Yermak’s Campaign in Siberia: A selection of documents translated from the Russian by Tatiana Minorsky and David Wileman. Routledge. ISBN 978-1134789412