メカトロリンク(MECHATROLINK)は産業自動化の為に使用されるオープンなプロトコルであり、安川電機によって開発され、MECHATROLINK協会(Mechatrolink Members Association)によって管理されている。 メカトロリンクプロトコルは大きく分けてMECHATROLINK-IIとMECHATROLINK-IIIの2種類存在する。

MECHATROLINK-II編集

MECHATROLINK-IIは伝送速度が最大10Mbit/s、最大30局スレーブ接続可能な、RS485(米国電子工業会によって標準化されたシリアル通信の規格の一つ)を物理層とするプロトコルである。

MECHATROLINK-III編集

MECHATROLINK-IIIは伝送速度が最大100Mbit/s、最大62局スレーブ接続可能な、イーサネットを物理層とするプロトコルである。

MECHATROLINK協会編集

MECHATROLINK協会はメカトロリンク製品開発メンバーおよびメカトロリンクユーザで構成される。会員数は1729社(2013年9月末現在)である[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ MECHATROLINK協会”. 2013年10月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集