メインメニューを開く

メサイア -深紅ノ章-』は、2015年10月17日に公開された日本映画である。映画製作としては『メサイア』『メサイア「漆黒ノ章」』に続く第3弾となるが、前作は舞台上演されたストーリー(鋼ノ章)からの流れになっており、メサイア・プロジェクトとして、映画・舞台・ドラマ等と多岐に渡っている。

メサイア -深紅ノ章-
監督 山口ヒロキ
脚本 横山あゆみ
山口ヒロキ
製作 中野久
吉井敏久
宇治重喜
香月淑晴
河内功
出演者 赤澤燈
廣瀬大介
井澤勇貴
杉江大志
音楽 倉堀正彦
主題歌 Blu-BiLLioN
撮影 曽根剛
編集 山口ヒロキ
製作会社 ダブルアップエンタテインメント
配給 トリプルアップ
公開 2015年10月17日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 舞台『Messiah メサイア -鋼ノ章-』
次作 舞台『Messiah メサイア -暁乃刻-』
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

-軍事協定『世界の改心(ワールド・リフォーミング)』- 世界各国は軍隊を人口の0.1%までに軍縮、及び、大量殺戮兵器の開発禁止に調印。しかし、争いは兵器から情報戦争へと形を変えたに過ぎなかった。日本において秘密任務のために特殊機関「チャーチ」で育成されたスパイ、警察省警備庁・特別公安局外事課五係。通称“サクラ”。チャーチには鉄の掟があり、掟の下に任務を遂行する。しかし、例外的に掟に反して行動を赦される者がいる。それが“メサイア”である。
サクラ候補生の白崎護(赤澤燈)、悠里淮斗(廣瀬大介)、有賀涼(井澤勇貴)、加々美いつき(杉江大志)は、不穏な動きを見せる北方連合スパイのザ・タワー(岩永洋昭)とハングドマン(村田充)の追跡を開始するが、公安四係の高野優太(宮崎秋人)、周康哉(玉城裕規)、三栖公俊(中村龍介)らの行動により、状況は錯綜し様々なミッションが発生。それぞれの心情が交差する先にあるものとは。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原案:高殿円(メサイア警備局特別公安五係・角川書店 刊)
  • 監督:山口ヒロキ
  • 脚本:横山あゆみ、山口ヒロキ
  • 製作:中野久、吉井敏久、宇治重喜、香月淑晴、河内功
  • 総合プロデューサー:吉井敏久
  • プロデューサー:板橋明久
  • ラインプロデューサー:和田紳助
  • 撮影:曽根剛
  • 照明:加藤大輝
  • 録音:茂木祐介
  • 美術:畠山和久
  • 衣装:伊藤摩美
  • ヘアメイク:佐茂朱美、山田亜沙美
  • 音楽:倉堀正彦
  • 助監督:植本英之
  • 制作担当:大川裕紀
  • アクション監督:高東楓
  • 制作プロダクション:ダブルアップエンタテインメント
  • 制作協力:キャンター、ザックスSSP
  • 配給:トリプルアップ
  • 協賛:FWD、ブロス
  • 製作委員会メンバー:ダブルアップエンタテインメント、CLIE、ビザビジョン、エスピーオー、TOKYO MX

主題歌編集

  • 「心灯-こころび-」 Blu-BiLLioN(Resistar Records)

DVD編集

本編とメイキング作品が発売されている。

  • メサイア -深紅ノ章-メイキングDVD(2016年2月24日、エスピーオー)[1]
  • メサイア -深紅ノ章-(2016年4月27日、エスピーオー)[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集