メインメニューを開く

メサイア「漆黒ノ章」』は、2013年8月31日に公開された日本映画である。映画製作としては『メサイア』に続く第2弾となるが、前作は舞台上演されたストーリー(銅ノ章)からの流れになっており、メサイア・プロジェクトとして、映画・舞台・ドラマ等と多岐に渡っている。

メサイア「漆黒ノ章」
監督 山口ヒロキ
脚本 伊勢直弘
山口ヒロキ
製作総指揮 萩原直子
出演者 浜尾京介
太田基裕
松田凌
小野健斗
音楽 倉堀正彦
主題歌 志方あきこ
撮影 曽根剛
製作会社 ダブルアップエンタテインメント
配給 トリプルアップ
公開 2013年8月31日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 舞台『Messiah メサイア -銅ノ章-
次作 舞台『Messiah メサイア -白銀ノ章-
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

-軍事協定『世界の改心(ワールド・リフォーミング)』- 世界各国は軍隊を人口の0.1%までに軍縮、及び、大量殺戮兵器の開発禁止に調印。しかし、争いは兵器から情報戦争へと形を変えたに過ぎなかった。日本において秘密任務のために特殊機関「チャーチ」で育成されたスパイ、警察省警備庁・特別公安局外事課五係。通称“サクラ”。チャーチには鉄の掟があり、掟の下に任務を遂行する。しかし、例外的に掟に反して行動を赦される者がいる。それが“メサイア”である。
過酷な運命により戸籍を抹消され、特別任務を遂行するサクラ候補生となった司馬柊介(浜尾京介)は、ある機密情報を持出す新たなミッションを課せられた。行動を共にするメンバーの1人、五条颯真(太田基裕)とは互いに相反してしまい、距離を縮められずにいた。そんなサクラ候補生たちに、新たに対立する“評議会”メンバーの捜査任務が下される。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原案:高殿円(メサイア警備局特別公安五係・角川書店 刊)
  • 監督:山口ヒロキ
  • 脚本:伊勢直弘、山口ヒロキ
  • 製作:中野久、鈴木達也、宇治重喜、及川次雄、及川武
  • 総合プロデューサー:萩原直子
  • プロデューサー:板橋明久
  • ラインプロデューサー:和田紳助
  • 企画協力:後藤清美
  • 撮影:曽根剛
  • 美術:宮下忠也
  • 照明:加藤大輝
  • 録音:宗晋瑞
  • 美術:宮下忠也
  • 衣装:伊藤摩美
  • 音楽:倉堀正彦
  • 助監督:基はるか
  • 制作担当:杉山優
  • アクション監督:高東楓
  • 制作プロダクション:ダブルアップエンタテインメント
  • 制作協力:エンタテインメントプラス、角川書店、不二家
  • 配給:トリプルアップ
  • 製作委員会メンバー:ダブルアップエンタテインメントCLIEビザビジョンコンセプトフィルムフロンティアワークス

主題歌編集

DVD編集

本編とメイキング作品が発売されている。

  • メサイア -漆黒ノ章- メイキングDVD(2013年12月25日、フロンティアワークス)[1]
  • メサイア -漆黒ノ章-(2014年1月29日、フロンティアワークス)[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集