メリーランド州の郡一覧

ウィキメディアの一覧記事
メリーランド州の郡と独立市の配置図

メリーランド州の郡一覧は、アメリカ合衆国メリーランド州内のの一覧である。メリーランド州内には24の郡と独立市がある。下はアルファベット順である。独立市であるボルチモア市は郡ではないものの、ほとんどの状況で同等に扱われる。

歴史編集

州内の多くの郡は、メリーランド植民地設立の1634年から1771年までの領主だったボルティモア男爵の一族に因んで名付けられている。ボルティモア男爵はカトリック教徒であり、初代ボルティモア男爵ジョージ・カルバートは当初、この植民地をイングランド人カトリック教徒の安息の地にするつもりだったが、メリーランド州はその歴史の大半でプロテスタント多数の州となった[1]

州内で最後(最新)に作られた郡は、1872年にアリゲイニー郡から分離したガレット郡である[2]。しかし、その後何度も境界の変更が行われており、最新の変更は1997年、それまでプリンスジョージズ郡に一部が入っていたタコマパーク市モンゴメリー郡に吸収統合された[3]

自治体としての郡編集

ボルティモア市を除けば、郡は地方政府の既定単位である。メリーランド州法では、他の多くの州で自治体や州のレベルで与えられている権限を持っているので、町が法人化される動機は少ない。ベセスダシルバースプリングコロンビアタウソンなど、人口が多く経済的に重要な町も、法人化されておらず、郡からの自治体サービスを受けている。実際にボルチモア郡ハワード郡には、全く法人化自治体が無い。郡相当ということは公立学校の管理者でもあり、他州のように別のレベルの政体としての教育学区はメリーランド州内に存在しない。

ボルチモア市は概して州内の郡と同等の権限と責任を持っている。ボルチモア郡によってほとんど全域が囲まれているが別の政体である。ボルチモア郡の郡庁所在地はタウソンである。 次の一覧はアルファベット順である。また、人口は2010年国勢調査による。

メリーランド州の郡の一覧編集

メリーランド州の郡の一覧
郡名 郡庁所在地 設立年月日 人口[4][5] 陸地面積
(km2)
地図
アリゲイニー郡 カンバーランド 1789年 75,087 1,102  
アナランデル郡 アナポリス 1650年 537,656 1,077  
ボルチモア市 - 1851年 620,961 210  
ボルチモア郡 タウソン 1659年 805,029 1,550  
カルバート郡 プリンスフレデリック 1654年 88,737 557  
キャロライン郡 デントン 1773年 33,066 829  
キャロル郡 ウェストミンスター 1837年 167,134 1,163  
セシル郡 エルクトン 1672年 101,108 902  
チャールズ郡 ラプレイタ 1658年 146,551 1,194  
ドーチェスター郡 ケンブリッジ 1668年 32,618 1,444  
フレデリック郡 フレデリック 1748年 233,385 1,7217  
ガレット郡 オークランド 1872年 30,097 1,678  
ハーフォード郡 ベルエア 1773年 244,826 1,141  
ハワード郡 エリコットシティ 1851年 287,085 653  
ケント郡 チェスタータウン 1642年 20,197 724  
モンゴメリー郡 ロックビル 1776年 971,777 1,285  
プリンスジョージズ郡 アッパーマルボロ 1696年 863,420 1,257  
クイーンアンズ郡 センタービル 1706年 47,798 964  
セントメアリーズ郡 レナードタウン 1637年 105,151 935  
サマセット郡 プリンセスアン 1666年 26,470 847  
タルボット郡 イーストン 1662年 37,782 697  
ワシントン郡 ヘイガーズタウン 1776年 147,430 1,187  
ワイカミコ郡 ソールズベリー 1867年 98,733 977  
ウースター郡 スノーヒル 1742年 51,454 1,226  

廃止された郡編集

いずれも現在の同名の郡とは無関係である。

  1. チャールズ郡 (Charles County、1650年-1654年) 廃止。
  2. ダーラム郡 (Durham County、1669年-1672年) ウースター郡に変更。
  3. ウースター郡 (Worcester County、1672年-1685年) 廃止。

脚注編集

  1. ^ Brugger, Robert J. (1988). Maryland: A Middle Temperament, 1634–1980. Baltimore: Johns Hopkins Press. ISBN 0-8018-3399-X
  2. ^ Counties”. Maryland Manual Online. 2007年6月24日閲覧。
  3. ^ Brown, Deneen (1997年6月28日). “As Unification Nears, Takoma Park Residents Still a Divided People”. The Washington Post: pp. A1. http://www.washingtonpost.com/wp-srv/local/daily/sept99/takoma062897.htm 2007年6月24日閲覧。 
  4. ^ Maryland”. USA Today. 2011年4月2日閲覧。
  5. ^ Maryland QuickFacts”. U.S. Census Bureau. 2013年4月7日閲覧。 (2000 Census)

関連項目編集

外部リンク編集