メインメニューを開く

モンティ内閣(モンティないかく、イタリア語: Governo Monti)は、イタリアの第61代内閣首相(閣僚評議会議長)マリオ・モンティ(第82代)。

モンティ内閣
イタリア共和国 第61代内閣
Flag of Italy.svg
Monti Cabinet with Giorgio Napolitano.jpg
成立年月日 2011年11月16日
終了年月日 2013年4月28日
組織
元首 ジョルジョ・ナポリターノ
首相 マリオ・モンティ
総閣僚数 19
与党 無所属
野党 自由の人民
野党党首 シルヴィオ・ベルルスコーニ
詳細
終了直前の選挙 2013年イタリア総選挙
議会任期 第116回議会
前内閣 第4次ベルルスコーニ内閣
次内閣 レッタ内閣

目次

概要編集

在任期間は529日間。

沿革編集

2011年11月8日、代議院(下院)で2010年決算の採決があり、賛成308・棄権1・無投票321で承認されたものの、与党・中道右派勢力は下院で過半数を割り込んだことが明らかとなった。また、欧州金融危機がイタリア国内に波及しイタリア国債の下落が続き、信用不安が拡大した。

この結果、シルヴィオ・ベルルスコーニは予算成立後に総辞職することを決定した。11月11日に元老院(上院)が、12日に下院が予算を可決し、ベルルスコーニは大統領のジョルジョ・ナポリターノに辞表を提出した。13日にはナポリターノは上下両院議長、議会各党代表者と会談し経済学者のマリオ・モンティに組閣を要請した。

モンティ内閣は11月16日に発足し国会議員や政党幹部が入閣しない「非政治家内閣」となった。翌17日、で賛成281票、反対25票、18日は下院で賛成556票、反対61票で信任された[1]

人事編集

閣僚編集

※モンティ首相のみ日本語記事にリンク。

職名[2] 氏名 在任期間 所属党派
閣僚評議会議長
(首相)
  マリオ・モンティ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
外相   ジュリオ・テルツィ・ディ・サンターガタ 2011年11月16日 - 2013年3月26日[3]  無所属
  マリオ・モンティ 2013年3月26日 - 2013年4月28日 無所属
内相   アンナ・マリア・カンチェッリエーリ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
経済財政相   マリオ・モンティ 2011年11月16日 - 2012年7月11日 無所属
  ヴィットリオ・グリッリ 2012年7月11日 - 2013年4月28日 無所属
国防相   ジャン・パオロ・ディ・パオラ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
司法相   パオラ・セヴェリーノ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
経済開発相
インフラ整備交通相
  コッラード・パッセラ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
労働社会政策相   エルザ・フォルネーロ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
農林食品政策相   マリオ・カターニア 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
教育大学研究相   フランチェスコ・プロフーモ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
保健相   レナート・バルドゥッツィ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
環境相   コッラード・クリーニ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
文化観光相   ロレンツォ・オルナーギ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
無任所相
(欧州関係担当)
  エンツォ・モアヴェーロ・ミラネージ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
無任所相
(地域連携担当)
  ファブリツィオ・バルカ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
無任所相
(議会関係・政策実施担当)
  ピエロ・ジャルダ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
無任所相
(観光・スポーツ・地方関係担当)
  ピエロ・ニューディ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
無任所相
(国際協力・統合担当)
  アンドレア・リッカルディ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属
無任所相
(行政改革担当)
  フィリッポ・パトローニ・グリッフィ 2011年11月16日 - 2013年4月28日 無所属

脚注編集

外部リンク編集