モーリタニアの国章

モーリタニア国章(モーリタニアのこくしょう)は、独立より以前の1959年4月1日に制定された。同国の国旗をベースにしており、金色パン・アフリカ主義を象徴している。緑はイスラム教の色でもあり、金色はサハラ砂漠の砂の色でもある。国教でもあるイスラム教のシンボルである。周縁部にはアラビア語フランス語で国名が記されている。

モーリタニアの国章
Seal of Mauritania (2018).svg
詳細
使用者 モーリタニアの旗 モーリタニア
採用 2018年11月28日

関連項目編集