ヤコポ・ダ・ポントルモ

ヤコポ・ダ・ポントルモJacopo da Pontormo, 1494年5月24日 - 1557年1月2日)は、マニエリスム期のイタリア画家。本名はヤコポ・カルッチ。エンポリ付近のポントルメに生まれる。

ヤコポ・ダ・ポントルモ
Jacopo da Pontormo
Pontormo - Autoritratto di Pontormo, inv. 375.jpg
生誕1494年5月24日
イタリア,エンポリ
死没1557年1月2日
イタリア,フィレンツェ
十字架降下 1526-28頃 サンタ・フェリチタ聖堂(フィレンツェ)

アンドレア・デル・サルトに師事。マニエリスムの画家らしく、ミケランジェロデューラーボッティチェリなどの作品から影響を受け、自作の中に巧みに摂取している。画風は技巧的かつ繊細優美であるが内向的で、どことなく憂鬱な気分をたたえている[1]

代表作編集

脚注編集

  1. ^ ウフィツィ美術館、みすず書房、1994年刊行、90項参照 ISBN 4-622-02709-7 2021年4月9日閲覧

参考文献編集

  • 『ルネサンスの画家 ポントルモの日記』
中嶋浩郎訳、宮下孝晴解説 (白水社、新版2001年)
エリザベッタ・マルケッティ・レッタ、ロベルト・パオロ・チャルディ、甲斐教行訳 
(イタリア・ルネサンスの巨匠たち21、東京書籍、1995年)