メインメニューを開く

ヤマハ・HRヤマハとのコラボレーションで製作された山本恭司のシグニチュア・モデルのエレキギター。HR-Iとして市販された。

市販モデル編集

  • 市販モデル「HR-I」は、本人使用機材と若干仕様を異にする部分もあるが、ピエゾ・ピックアップ、LEDポシション・マーク、タッチ・コンプレッサー・スイッチ、本体内蔵のチューナーなどは共通している。形状は山本のアイデアにより独特の形をしている。現在では廃版となっている。
  • 廉価版としてHR-IIIも販売されたが、これには上記のような装置は搭載されていない。

その後、山本がギターの鳴りにこだわったため、HR-Iに搭載された装置を省き、ボディーを6層の板でラミネートしたHR-Customが開発された。これも市販されるものの、木材の入手・調達が困難になったという理由で、廃版になった。

また、山本とヤマハとのコラボレーションで製作されたギターに、SG-XY、SFXなどもある(いずれも廃版)。

外部リンク編集