メインメニューを開く

ヤルンツァンポ川(ヤルンツァンポがわ、チベット文字ཡར་ཀླུངས་གཙང་པོ་ワイリー方式yar kLungs gTsang po; 蔵文拼音:Yarlung Zangbo)、雅魯蔵布江中国語: 雅魯藏布江拼音: Yǎlǔ Zàngbù Jiāng)は、ローマ字表記では Yarlung Tsangpo、Yarlung Zangbo、Yarlung Zangbo Jiang、英語では Yalu Zangbu River などとして言及される、中国チベット自治区で最も長い川[1]。名称のうち「ツァンポ」の部分は、おそらくはこの川がウー・ツァンに発し、これを貫いて流れ、ラサ以西のチベットを横断することによっている。

ヤルンツァンポ川
雅魯蔵布江
Yarlung Tsangpo - Tibet - 02.jpg
ラサの南西を流れるヤルンツァンポ川
水系 ガンジス川水系
延長 (以下、ブラマプトラ川全体)
2840 km
平均の流量 16240 m³/s
流域面積 912000 km²
水源 中華人民共和国の旗 中国 チベット自治区シガツェ市アングシ氷河
河口・合流先 ガンジス川
流域 中華人民共和国の旗 中国 チベット
インドの旗 インド
バングラデシュの旗 バングラデシュ
テンプレートを表示

この川は、ブラマプトラ川の上流部を成している。カイラス山マーナサローワル湖の南東に位置する西チベットのアングシ氷河英語版に発し、南チベット峡谷と雅魯蔵布大峡谷中国語版を刻んで流れ、インドアルナーチャル・プラデーシュ州に至る。

アルナーチャル・プラデーシュ州から下流は、一挙に川幅が広がり、シアング川 (Siang) と名を変える。アッサム州に達してからは、ブラマプトラ川となる。アッサム州に続いて、ラムナバザール (Ramnabazar) でバングラデシュに入る。200年ほど前までは、そこから東流してバイラブ・ウパジラ英語版近くでメグナ川に注いでいた。この古くからの流路は、徐々に干上がってきた。現在のおもな流路は、ジャムラ川英語版と呼ばれ、南流して、バングラデシュではパドマ川英語版と呼ばれるガンジス川に注いでいる。

チベット高原を離れると、ヤルンツァンポ川は世界でも最も大規模で深い峡谷を刻み、雅魯蔵布大峡谷を形成している[2]

目次

流域編集

 
シガツェ市を流れるヤルンツァンポ川。
 
ヤルンツァンポ川の地図。
 
ヤルンツァンポ川の堆積物
 
チベットを貫き、ふたつの頂き、ナムチャバルワギャラ・ペリ英語版の麓を流れるヤルンツァンポ川。この写真の中心は、北緯29度09分22秒 東経93度58分59秒 / 北緯29.156度 東経93.983度 / 29.156; 93.983

ヤルンツァンポ川は、世界で最も標高が高い大河である。支流の中で最も長いのはニャン川英語版である。おもな支流としては、ニャンチュー川 (Nyangchu River)、ラサ川、ニャン川、パールンツァンポ川英語版がある。

チベットでは、流出する河川は、長さ1,200キロメートル (750 mi)、幅300キロメートル (190 mi)に達する南チベット峡谷を通る。この峡谷は、標高4,500メートル (14,800 ft)から、3,000メートル (9,800 ft)までを流れ下る[3][4]。流れ下るにつれ、寒冷な砂漠から乾燥したステップへ、さらに落葉樹の低木へと、流域の植生は変化する。最終的に植生は、針葉樹ツツジの森に変化する。森林限界は、おおよそ標高3,200メートル (10,500 ft)である[5]。チベットの首都であるラサの近郊では、堆積砂岩層には、磁気を帯びた鉱物も含まれており、過去に地球の磁界が変化した痕跡が残されている[6]

ヤルンツァンポ川が形成する盆地は、南側はヒマラヤ山脈、北側はカン・リンポチェ(カイラス山)ニェンチェンタンラ山脈に囲まれており、チベットの中でも北方の、より標高が高い地域よりも穏やかな気候に恵まれており、チベット自治区の人口の大部分は、この盆地に居住している。

ヤルンツァンポ・グランド・キャニオン (Yarlung Tsangpo Grand Canyon) とも呼ばれる雅魯蔵布大峡谷は、ナムチャバルワ付近でチベット高原から流れ出る際に馬蹄形状に流れが湾曲し、世界で最も深く、また最も長いと言えるかもしれない峡谷が刻まれているものである[7]

ヤルンツァンポ川の経路上には、3か所の大きな滝がある[8]。最も大規模なものは、「秘密の滝 (Hidden Falls)」と称され、1998年に至るまで西洋には広報されておらず、西洋人による目撃が「発見」と称されることも、短い期間ながらあった[9]。このような目撃は、初期にこの地域に接した西洋人たちが、チベット人猟師僧侶から話を聞かされながら、当時の西洋人探検家たちが発見できなかった大きな滝の発見とされたこともあった[10]。しかし、中国当局は、そのような主張に対して抗議し、中国側の地理学者たちが1979年以来、峡谷を探検し、1987年には滝の写真をヘリコプターから撮影していたと指摘している[11]

 
ヤルンツァンポ川のホワイトウォーター(激流)。

カヤックによる探検編集

1990年代以降、ヤルンツァンポ川は、探検やホワイトウォーター・カヤック英語版での下降を試みる数多くのチームがやってくるようになった[12]。この川は、その極限的な条件から、「川のエベレスト (Everest of Rivers)」と称されるようになった[13]

1998年10月、ナショナルジオグラフィック協会がスポンサーとなった遠征隊が、カヤックによる雅魯蔵布大峡谷の下降に挑んだ。予想外の水量にみまわれ、この遠征はカヤックのエキスパートだったダグ・ゴードン英語版が命を落とす悲劇的な結果となった[14]

2002年の1月から2月にかけて、スコット・リンドグレン (Scott Lindgren)、スティーヴ・フィッシャー (Steve Fisher)、マイク・アボット (Mike Abbott)、アラン・エラード (Allan Ellard)、ダスティン・クナップ (Dustin Knapp)、ジョニー・カーン (Johnnie Kern)、ウィリー・カーン (Willie Kern) から成る国際的なメンバー編成の一隊が、ツァンポ峡谷上流部の完全な下降に初めて成功した[15]

脚注編集

  1. ^ Yue-man Yeung & Jianfa Shen 2004.
  2. ^ The New largest Canyon in the world - The Great Canyon of Yalung Tsangpu River (Tibet)”. www.100gogo.com. 2009年7月19日閲覧。
  3. ^ Yang Qinye; Zheng Du. Tibetan Geography. China Intercontinental Press. pp. 30–31. ISBN 7508506650. https://books.google.com/books?id=4q_XoMACOxkC&pg=PA30. 
  4. ^ Zheng Du, Zhang Qingsong, Wu Shaohong: Mountain Geoecology and Sustainable Development of the Tibetan Plateau (Kluwer 2000), 0-7923-6688-3, p. 312;
  5. ^ "Yarlung Tsangpo arid steppe". Terrestrial Ecoregions. World Wildlife Fund. Retrieved 2007年6月29日.
  6. ^ Yarlung Tsangpo River in China”. Atmospheric Data Science Center. 2007年6月27日閲覧。
  7. ^ The World's Biggest Canyon”. www.china.org. 2007年6月29日閲覧。
  8. ^ Hidden Falls”. WWD - Waterfall Database. 2007年6月30日閲覧。
  9. ^ Fabled Tibetan Waterfalls Finally Discovered”. 2007年7月7日閲覧。
  10. ^ Compiled by Nima Dorjee (7 January, 1999). Fabled Tibetan Waterfalls Finally Discovered. World Tibet Network News. Published by The Canada Tibet Committee. Issue ID: 99/01/07 Archived 2007-09-27 at the Wayback Machine. (retrieved on 14 September 2008)
  11. ^ Peter Heller (July 2002). Liquid Thunder. Outside Online. (retrieved on 14 September 2008)
    Antonio Perezgrueso (undated). The Echo of Liquid Thunder. (span. original: Los ecos del trueno líquido) Explorations and Expeditions on the English pages of the Sociedad Geográfica Española (retrieved on 14 September 2008)
    Who found it first? no longer existing website, quoted without further information on The Ancients. Shangri-La Found as: "Little attention was paid to the Chinese team that had been striking for the falls during that fateful trekking season. They claimed to have reached the falls before Baker but were ignored for the most part by everybody except their government who decided to close the gorge to westerners." (retrieved on 14 September 2008)
  12. ^ “Tibet Hidden Falls | The Hidden Lands of Tibet”. http://www.tibethiddenfalls.com 2017年3月16日閲覧。 
  13. ^ Press release of successful kayak run
  14. ^ Doug Gordon
  15. ^ Heller, Peter. “Tsangpo Expedition: Liquid Thunder”. Outside Magazine. Outside Online. 2009年2月7日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集