ヤン・コルネリスゾーン・フェルメイエン

ヤン・コルネリスゾーン・フェルメイエン[2](Jan Cornelisz. Vermeyen 、Joannes Maiusとも、1500年ころか1504年[1]ころ生まれ、1559年没)はフランドルの画家である。神聖ローマ皇帝カール5世チュニス征服に同行し、戦争の場面を描いたことなどで知られる。

ヤン・コルネリスゾーン・フェルメイエン
Jan Cornelisz. Vermeyen
Jan Wierixによる肖像画
誕生日 1500年ころか1504年ころ
出生地 ベーフェルウェイク(Beverwijk)
死没年 1559年
死没地 ブリュッセル[1]
テンプレートを表示

略歴 編集

現在のオランダ、アムステルダム大都市圏のベーフェルウェイク(Beverwijk)で生まれた。各地を旅して働いた画家、ヤン・ホッサールト(c.1478-1532)と働き、1525年にはメヘレンでハプスブルク領ネーデルラント総督のマルグリット・ドートリッシュの宮廷で働いた。マルグリット・ドートリッシュの没後、マリアの甥の神聖ローマ皇帝、カール5世のために働いた。

ネーデルランドの画家の伝記を出版したカレル・ファン・マンデル(1548-1606)によれば、フェルメイエンは1533年から1534年の間、神聖ローマ皇帝カール5世がオスマン帝国支配下のチュニス(チュニジア)を攻撃する艦隊に同行し、その戦いを記録することを命じられたとされる[3] 。フェルメイエンが描いたキリスト教徒の勝利の情景は版画として残され、カール5世の妹でハプスブルク領ネーデルラント総督になったマリア・フォン・エスターライヒがウィレム・デ・パンネマーケル(Willem de Pannemaker)らに作らせたタペストリーのデザインとして残された[4]

作品 編集

チュニス征服に関する作品 編集

肖像画他 編集

脚注 編集

  1. ^ a b L'Europe de Rubens, p. 326
  2. ^ 「北方画家列伝」注解、目次 カーレル・ファン・マンデル(著)/ 尾崎 彰宏(編訳)/ 幸福 輝(編訳)/ 廣川 暁生(編訳)/ 深谷 訓子(編訳)
  3. ^ Jan Cornelisz. Vermeyen in Karel van Mander's Schilder-boeck, 1604, courtesy of the Digital library for Dutch literature
  4. ^ Carlos V y los tapices de la serie La Conquista de Túnez (in het Spaans).

参考文献 編集

  • Arnout Balis, Blaise Ducos, Jeroen Duindam, Marc Fumaroli, Paul Huvenne, David Jaffé, Corinne Thépaut-Cabasset (préf. Alain Denizot & Xavier Dectot), L'Europe de Rubens : [exposition, Lens, Musée du Louvre-Lens, 22 mai-23 septembre 2013], Lens & Paris, Musée du Louvre-Lens & Éditions Hazan, mai 2013, 360 p., 23 cm × 29 cm (ISBN 978-2-36838-012-3 et 978-2-75410-694-8), p. 326.