ヤン・シンデルチェコ語: Jan Šindel, Jan Ondřejův, Jan z Prahy, ドイツ語: Schindel, Johannes Andreae, Johannes von Prag, ラテン語: Joannes de Praga1370年 - 1443年頃)は、フラデツ・クラーロヴェー出身の数学者、天文学者である。1410年にプラハ・カレル大学の総長となった。

シンデルの天文表と天文図は、ティコ・ブラーエにも用いられたと言われている。彼は天文機器にも興味を持ち、カダニのミクラシュ英語版とともに1410年にプラハの天文時計を設計した。

小惑星番号3847番の小惑星シンデルは、彼の名前にちなんでいる[1]

脚注

  1. ^ (3847) Sindel = 1937 AU = 1974 TJ1 = 1977 FJ1 = 1980 WF2 = 1982 DY1”. MPC. 2021年8月29日閲覧。