メインメニューを開く
ユスティニアヌス1世時代の東ローマ帝国(青色部分)。青色と緑色部分はトラヤヌス時代のローマ帝国。赤線は東西ローマの分割線

ユスティニアヌス王朝は、ユスティヌス1世から始まる東ローマ帝国王朝518年 - 602年)。王朝の名前は第2代皇帝ユスティニアヌス1世から採られたものである。

目次

歴史編集

ユスティヌスはもともとバルカン半島北西部、イリュリアの農村出身で、首都コンスタンティノポリスへ上って軍に入り、叩き上げの将軍となったが、皇帝アナスタシウス1世が後継者を指名せずに死亡したため、元老院の指名により皇帝に即位した。

甥のユスティニアヌスは早くからその才能を示し、ユスティヌスの晩年に共治帝となり、その死後、唯一の正帝となった。彼は、『ローマ法大全』の編纂・聖ソフィア大聖堂の再建・ベリサリウス、ナルセスなどの指揮官を使って古代ローマ帝国の再現を図ってアフリカヴァンダル王国イタリア半島東ゴート王国イベリア半島西ゴート王国の一部などを攻撃・占領し、古代ローマ帝国の復興を図ったことで有名であり、後世「大帝」と呼ばれた。

ユスティニアヌスの死後はユスティニアヌスの甥ユスティヌス2世が即位したが、ユスティニアヌスの征服事業や建設事業のために財政は破綻しており、早くも衰退が始まった。ランゴバルド族のイタリア侵入や、サーサーン朝に対する敗戦などが続き、そのショックでユスティヌスは精神を病んで実権を娘婿の副帝ティベリウス2世に譲った。ユスティヌス2世の死後、正式に皇帝となったティベリウスは帝国の再建に努めたが、即位してわずか4年で死去し、娘婿で養子のマウリキウスが即位した。マウリキウスはラヴェンナカルタゴに総督府を設置して西方支配の再建に着手し、北から侵入してきたアヴァール人スラヴ人を討伐しようと試みたが遠征先で軍隊の反乱にあい、百人隊長フォカスによって帝位を簒奪されて殺されてしまった。これによって、養子によって継承されたユスティニアヌス王朝からの皇帝位の世襲は断絶した。

フォカスはユスティニアヌス王朝と血縁は無く、その治世には、正統性のない彼に対する反乱やサーサーン朝の侵攻が相次いだ。フォカスは610年、カルタゴ総督であるヘラクレイオスの同名の息子ヘラクレイオスに倒され、息子ヘラクレイオスがヘラクレイオス1世として即位し、新たな王朝ヘラクレイオス王朝を開いた。

ヘラクレイオス王朝やマケドニア王朝との関係編集

なお、ヘラクレイオス1世の母エピファニア(560年 - 没年不明)はユスティニアヌスの妹ウィギランティアとその夫(ユスティニアヌスの妹婿)ドゥルキディウスの子孫である。具体的な系譜としては、ウィギランティアとドゥルキディウスの娘でユスティヌス2世の妹プラエイエタ(522年 - 548年以降に没)がアレオビンドゥスという男性との間に娘ウィギランティア(540年生誕)を儲け、ウィギランティアがテオドルス(生没年不詳)という男性と結婚して生まれたのが、ヘラクレイオス1世の母エピファニアである。ヘラクレイオス1世はユスティニアヌスの妹ウィギランティアの玄孫(孫の孫)にあたり、女系ではあるがユスティニアヌス王朝の血縁者である。ユスティニアヌスとヘラクレイオス1世は高祖伯父と玄姪孫、ユスティヌス2世とヘラクレイオス1世は曾祖伯父と曾姪孫の関係となる。

ヘラクレイオス1世はユスティニアヌスの弟(名前不詳。484年 - 没年不明)の子(甥)ゲルマヌス・ユスティヌスの末息子ゲルマヌス(ゲルマヌス・ポストゥムス・カエサルとも。母は東ゴート王国初代国王テオドリックの孫娘マタスンタ。マタスンタはゲルマヌス・ユスティヌスの後妻)の次女(名前不詳、585年 - 没年不明)を側室としており、非嫡出子ヨアンネス・アタラリック(600年頃生誕)を儲けている(ゲルマヌス・ポストゥムス・カエサルの妻はユスティヌス2世の友人にして後継者ティベリウス2世とその妃アエリア・アナスタシアの娘の一人カリト。カリトの姉妹コンスタンティナの夫がティベリウス2世の後継者マウリキウス)。なお、ヘラクレイオス1世の曾孫コンスタンティノス4世の妃でユスティニアノス2世の母アナスタシアはヨアンネス・アタラリックの娘とされる。このようにヘラクレイオス1世はユスティニアヌス王朝の5人の皇帝達と女系を介するが血縁・縁戚関係が明白である。

更にヘラクレイオス1世の同母妹マリアの末裔にアモリア朝第3代皇帝ミカエル3世の愛人にして、マケドニア王朝初代皇帝バシレイオス1世の正妃エウドキア・インゲリナがおり、マケドニア王朝第2代皇帝レオーン6世の母となっている。なお、エウドキア・インゲリナはバシレイオス1世に嫁ぐ直前までミカエル3世の愛人であった為、レオーン6世の実父はミカエル3世という説がある。いずれにしても、マケドニア王朝の血筋が断絶する1056年までレオーン6世直系の子孫の多くが東ローマ皇帝の座にあった為、少なくともその時点までユスティニアヌス王朝の血筋が存続したとも言える。

ユスティニアヌス王朝皇帝一覧編集

養子による継承編集

上記の通り、ユスティニアヌス王朝は84年間存続し、5代の皇帝を数えたが、男子継承者の不足、継承前の反乱の成功が原因で彼らの誰一人として実子に帝位を継承させることは出来なかった。

  • 初代ユスティヌス1世には甥ユスティニアヌスとテオドラの結婚に反対した皇后エウフェミアがいたが実子はおらず、甥ユスティニアヌスが帝位を継承した(ユスティニアヌス1世)。ユスティニアヌスの全名は「フラウィウス・ペトルス・サッバティウス・ユスティニアヌス」で、「ユスティニアヌス」というコグノーメンは彼が叔父ユスティヌス1世の養子になったことを意味する。
  • 2代ユスティニアヌス1世と皇后テオドラとの間には名前不詳の皇女がいたが夭折。この皇女以外に夫妻の子女はいない。テオドラはユスティニアヌス1世と結婚する以前にヘケボルスという男性との間に同名の娘テオドラと息子ヨアンネスという2人の非嫡出子を儲けており、2人はユスティニアヌス1世の養子となっている。この内、娘テオドラはアナスタシウス1世の弟パウルス(妻マグナは西ローマ帝国皇帝ペトロニウス・マクシムス直系の孫)の孫フラウィウス・アナスタシウス・パウルス・プロブス・サビニアヌス・ポンペイウスと結婚して、アナスタシウス、ヨアンネス、アタナシウスの3男を儲けている。なお、この3兄弟の父サビニアヌス・ポンペイウスの父方祖母マグナは前述の通り、ペトロニウス・マクシムスの孫であり、ペトロニウス・マクシムスの母マグナはグラティアヌスを弑逆して帝位を簒奪したマグヌス・マクシムスの皇女である。マグヌス・マクシムスはテオドシウス1世の血縁がある親類(一説に又従兄弟同士)とされ、これが事実なら彼らはテオドシウス朝の傍系皇族の子孫でユスティニアヌス1世の養孫にもあたるが帝位を継承していない。
  • 3代ユスティヌス2世は先代ユスティニアヌス1世の甥(妹ウィギランティアの息子)である。しかし、純粋な養子縁組ではなく、伯父である先代皇帝の死をいち早く自身の支持者から入手し、元老院との共謀の上で皇帝即位を既成事実としている。皇后は先代皇后テオドラの姉コミトとその夫シッタスの娘ソフィア(つまり、テオドラの姪)である。ユスティヌス2世とソフィアの間にはアエリア・アナスタシアとアラビアの2女があるのみで男子には最後まで恵まれていない。
  • 4代ティベリウス2世はバルカン方面軍司令官を経て、首都コンスタンティノープルの親衛隊長を務めていた。先代ユスティヌス2世の友人でもあった。ユスティヌス2世がペルシア軍に対して自軍が敗北し、ザマが陥落したとの報で発狂(精神疾患によるものとされる、もしくは帝国運営の重圧に耐えかなて公務から逃げ出したという説(エドワード・ギボンの記述)もある)して精神疾患状態に陥ると彼と形式的な養子縁組を行い、帝位を継承した。この継承にはユスティヌス2世の皇后ソフィアが深く関与していた。彼女はユスティヌス2世の発狂による帝位と帝国運営の放棄によって自分に害が及ぶことを恐れてユスティニアヌス王朝の皇族を皇帝候補から外した。そして何より彼女はティベリウス2世の美貌に惹かれていたのである。こうした理由からティベリウス2世を推薦し、帝冠を授けたのである。野心深いソフィアはプルケリア(アルカディウスの皇女でテオドシウス2世の姉)やアリアドネ(レオ1世の皇女)のように自身がティベリウス2世と結婚してアウグスタ(女帝)としての権力保持を望んだが、ティベリウス2世はそれを拒絶、ソフィアの娘アエリア・アナスタシアを皇后に迎えた(アエリア・アナスタシアはティベリウス2世と結婚する以前にヨアンネス(520年 - 560年)という男性と結婚し、名前不詳の女子(545年 - 560年)を儲けていた。この女子が最初、ティベリウス2世の妻となっていたが、14〜15歳で早世している)。この一件でソフィアはティベリウス2世を恨むようになり、ユスティニアヌス(ユスティニアヌス1世の甥ゲルマヌス・ユスティヌスの息子の1人)とクーデターを計画したが事前に露見、2人をティベリウス2世は捕縛した。ソフィアは年金生活に入って政治の表舞台から引退、ユスティニアヌスも助命された。この経緯からティベリウス2世は先代の3皇帝とは直接の血縁関係に無い。ティベリウス2世はアエリア・アナスタシアとの間に3人の子(名前不詳の子女(565年生誕でティベリウス2世が副帝に就任する前に死去)、カリト(560年生誕)、コンスタンティナ(562年頃生誕)を儲けたが、先代達と同じく男子に恵まれず、カッパドキア出身の軍人で東部国境の司令官であるマウリキウスを娘の1人コンスタンティナと娶せて養子として帝位継承を完了させた後に死去した。もう1人の娘カリトはゲルマヌス・ポストゥムス・カエサル(ソフィアと共にティベリウス2世にクーデターを企てたユスティニアヌスの異母弟。母は東ゴート王国初代国王テオドリックの孫娘マタスンタ)と結婚し、2女(両名共に名前不詳。上の娘はマウリキウスとカリトの妹コンスタンティナの長男テオドシウスと結婚したが子女はいない。下の娘はヘラクレイオス(後のヘラクレイオス王朝初代皇帝ヘラクレイオス1世)の側室となり、1男ヨアンネス・アタラリックを儲けた)がいる。
  • 5代マウリキウスは先代にして義父のティベリウス2世を含める4皇帝達と直接の血縁はない。ティベリウス2世の娘婿となって治世が始まった。皇后コンスタンティナとの間には長女マリア(582年生誕)、長男テオドシウス(583年-602年)、次男ティベリウス(585年-602年)、三男ペトルス(586年-602年)、四男パウルス(588年-602年)、五男ユスティヌス(590年-602年)、六男ユスティニアヌス(592年-602年)、次女アナスタシア(594年-605年)、三女テオクティスタ(596年-605年)、四女クレオパトラ(598年-605年)の6男4女を儲けた。先代の4皇帝達とは異なり、男子継承者に恵まれ、直系での世襲の準備は整っていた。実際、597年にマウリキウスが作成した遺言書には東方領土の正帝に長男テオドシウス、西方領土の正帝に次男のティベリウスを指名し、その他の領土は他の男子に分割すると明記されており、マウリキウスが世襲の意思を示していたことが分かる。しかし、この遺言書作成の5年後の602年にフォカスによる反乱が起こり、義兄弟にして長男テオドシウスの舅ゲルマヌス・ポストゥムス・カエサルの裏切りもあってマウリキウスと次男から六男までの男子5人は殺害され、長男テオドシウスも姉マリアの嫁ぎ先であるササン朝ペルシアに逃亡し、助力を得ようとしたが失敗して捕縛、カルケドンで殺害されてマウリキウス直系の男子継承者が途絶えた為、この目論見が失敗に終わると同時にユスティニアヌス王朝による東ローマ帝国支配は終わりを告げることになる。結果的にユスティニアヌス王朝内では直系による帝位の世襲はあと一歩まで来ていたが最後まで成らなかった。なお、マウリキウスの皇后コンスタンティナはフォカスに対して家族に関する恨みから謀反を企てたが露見、当初は女性ということで修道院に幽閉だけで済んでいたが、再度、謀反を企んでいたことが明らかとなり、今度は許されずに次女アナスタシア、三女テオクティスタ、四女クレオパトラと共に処刑された。隣国ササン朝ペルシアの国王ホスロー2世に和平の証として嫁いでいた長女マリア(嫁いだ後、名をマルヤムに改名)のみがマウリキウスの子女の中で難を逃れている(ホスロー2世がササン朝内部での権力闘争に敗れて東ローマ帝国に亡命してきた時、マウリキウスはホスロー2世の復位に協力してそれを実現させていた。長男テオドシウスがササン朝ペルシアに逃亡しようとしたのもホスロー2世が父マウリキウスに対して恩義を感じていたことを頼りにする為である)。長女マリアはホスロー2世との間にカワード2世を儲けた。カワード2世の男子に後継者のアルダシール3世(621年-630年)がいる。故にカワード2世はマウリキウス・コンスタンティナ夫妻の外孫、アルダシール3世は外曾孫にあたる。

そして、ユスティニアヌス王朝と血縁関係の無いフォカスの8年間の治世の後、そのフォカスを打倒してヘラクレイオス王朝を開いたのが、ユスティニアヌス1世の妹の玄孫でユスティヌス2世の妹の曾孫でもあるヘラクレイオス1世であり、その支配は一時中断を挟みながらも711年まで存続した。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユスティヌス1世
 
ウィギランティア
 
サッバティウス
 
 
 
?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テオドラ
 
ユスティニアヌス1世
 
ウィギランティア
 
ゲルマヌス・ユスティヌス
 
マタスンタ
(東ゴート女王アマラスンタ娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユスティヌス2世
 
 
 
ゲルマヌス
(550-605)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナスタシア
(-594)
 
ティベリウス2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンスタンティア
 
マウリキウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テオドシウス
(-602)
 

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集