メインメニューを開く

フォカス(Phokas, 547年? - 610年10月5日)は、東ローマ帝国皇帝(在位:602年11月23日 - 610年)。

フォカス
Phokas
東ローマ皇帝
Phocas cons.jpg
フォカスが印された硬貨
在位 602年11月23日 - 610年

出生 547年?
Labarum of Constantine the Great.svg東ローマ帝国トラキア
死去 610年10月5日
Labarum of Constantine the Great.svg東ローマ帝国コンスタンティノポリス
配偶者 レオンティア
子女 ドメンティア
王朝 ユスティニアヌス王朝
母親 ドメンティア
テンプレートを表示
フォロ・ロマーノにあるフォカスの記念柱。ローマ市に建てられたローマ帝国による建造物としては最後のものである。(背景に見えるのは、高さ23mのセプティミウス・セウェルス帝の凱旋門

生涯編集

トラキア地方の出身と考えられる。ドナウ川国境に駐屯する軍の下士官(百人隊長)であった。602年にドナウ北岸での越冬命令が出た時、軍はそれに反対して反乱を起こし、コンスタンティノポリスに向かって進軍した。時の皇帝マウリキウスは逃亡しようとしたが捕らえられて処刑された。その後フォカスが兵士たちによって皇帝に推戴され、即位した。

フォカスは簒奪者である上、次の皇帝のヘラクレイオスによって殺されたため、暴君とされている。このようにフォカスは軍部と一部のみに評価されていた。彼はコンスタンティノポリスの元老院議員の貴族らとは元来関係がなく、政治基盤が不安定であったため、反対派を次々に殺していった。またコンスタンティノポリスやアンティオキアなどの帝国内各地で、フォカスに不満を持っていた市民(サーカス党派)による暴動が発生した。時とともにフォカスを受け入れる人々も現れてきていたようである。

一方、かつてマウリキウス帝の援助によって即位したサーサーン朝ペルシア帝国のホスロー2世は、マウリキオスの復讐を目的に対東ローマ遠征軍を起こした(東ローマ・サーサーン戦争 (602年-628年))。これに対してフォカスは兄弟のコメンティオロスを軍司令官に任命した。通説とは異なり、ペルシア軍との戦いは609年までは一進一退の状態にあったことが最近証明されている。ただしドナウ国境線はアヴァール人によって突破された。

608年頃、カルタゴ総督ヘラクレイオスがフォカスに対して反乱を起こした。そして、ヘラクレイオスの同名の息子が艦隊を率いてコンスタンティノポリスに迫る一方、彼の従兄弟のニケタス率いる別動隊は609年にエジプトに侵攻した。そのためシリアの軍がエジプトに急派され、シリア国境線ががら空きになった。ペルシア軍が帝国領に本格的に侵入を開始するのはこれ以降である。コンスタンティノポリスではサーカス党派や、フォカスの婿のプリスコスなどの元老院議員がヘラクレイオスに内通したため、610年10月に首都は開城した。フォカスは教会へ逃げ込んだものの引きずり出されて処刑されてしまい、ヘラクレイオスが皇帝に即位した。

家族編集

フォカスの父の名前、経歴などの人物像は全く分かっていない。母の名はドメンティア。妻はレオンティア。レオンティアとの間にドメンティア(フォカスの母と同名)という一人娘が確認される。ドメンティアはフォカスの治世中にプリスコス(ラテン語表記では「プリスクス」。588年に短期間、オリエント軍司令官を務めてササン朝ペルシアと戦い、601年にはコメンティオルス(フォカスの兄弟コメンティオルスと同名だが別人)と共に軍司令官としてアヴァール人を攻撃、鎮圧している)と607年に結婚。

この結婚時にフォカスの残忍さを示すエピソードが残されている。すなわち、ドメンティアとプリスコスの結婚式の際、花婿プリスコスに真っ先に祝福の言葉をかけたプリスコスの親族や友人達を見て、「皇帝たる自分を軽んじている」として激怒、四肢をへし折り、コロッセオ(円形闘技場)で吊り首にして処刑した。この件でフォカスは娘ドメンティアから見捨てられることになった。

フォカスには男子がいなかった為に、娘婿プリスコスが潜在的な帝位継承者としてコンスタンティノープル住民から認識されていた。それ故にプリスコスはフォカスから競争相手と見なされ、猜疑心を向けられていた。この経緯からプリスコスはヘラクレイオス側に内通し、降伏した。その後、即位したヘラクレイオス1世からカッパドキア司令官の地位を与えられたが、半ば強制的に修道院へ隠居させられ、613年に現在のカーリエ博物館で監禁されて没した。プリスコスと妻ドメンティアとの間に子女は確認されず、ドメンティアは消息不明となっておりフォカス直系の子孫が続いたかどうかは不明。

妻レオンティアはフォカスと彼の2人の兄弟と同様に処刑されたのかどうかは分かっていない。

親類編集

フォカスには少なくとも2人の兄弟がいた。

  • コメンティオルス - ヘラクレイオス1世によって派遣されたフィリッピクス(マウリキウス帝の妹ゴルディアの夫、当時は修道院に入っていた)を幽閉、殺害しようとしたが、パトリキウスのユスティヌスという人物によって610年後期ないし611年に殺害された。なお、マウリキウスに仕え、583年から587年ドナウ川戦線でアヴァール人との戦いを指揮し、588年にはササン朝ペルシアと戦い、589年頃に西ゴート王国を攻撃して領土を幾らか奪い、601年から602年に再度ドナウ川戦線で指揮をしたコメンティオルス(602年にフォカスによって殺害された(フォカスはコメンティオルスを個人的に嫌っていた))とは同名の別人。
  • ドメンティオルス - もう1人の兄弟。フォカスの処刑後、ヘラクレイオス1世の命令で処刑された。

甥としてクロパラテスの称号を持っていたドメンティオルスがいる。ドメンティオルスの親に関しては、フォカスの兄弟で同名のドメンティオルスという説、また、フォカスの別の兄弟姉妹ともされるが詳細は不明。甥ドメンティオルスはヘラクレイオス1世から死刑判決を受けたがTheodore of Syceonの執り成しの後、赦免、釈放された。その後の具体的な消息は不明。また、甥ドメンティオルスはイレーネーという女性と結婚、3人の息子を儲けている。この3人の息子はフォカスに大甥にあたるが、名前や経歴も不明。この代でフォカスの親類に関する記録は途絶えている。

関連項目編集