ユストゥス・フォン・ドホナーニ

ドイツの俳優、映画監督

ユストゥス・フォン・ドホナーニJustus von Dohnányi, 1960年12月2日 - )は、ドイツ俳優脚本家映画監督。姓はドナーニードッホナーニとも表記される。

ユストゥス・フォン・ドホナーニ
Justus von Dohnányi
Justus von Dohnányi
ドホナーニ
生年月日 (1960-12-02) 1960年12月2日(59歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツリューベック
職業 俳優脚本家映画監督
ジャンル テレビ
主な作品
es
ヒトラー 〜最期の12日間〜
テンプレートを表示

経歴編集

リューベック生まれ。父は世界的に著名な指揮者クリストフ・フォン・ドホナーニ。曾祖父エルンストハンガリーピアニスト作曲家、祖父ハンスは法律家で反ナチの闘士、伯父クラウスドイツ社会民主党の政治家でハンブルク市長を務めた。ハンブルク音楽・表現芸術高等学院で演劇を学ぶ。卒業後はフランクフルト市立劇場やハンブルクのタリア劇場の舞台に立つ。

1993年からドイツのテレビに出演しはじめる。映画初出演は1999年の『聖なる嘘つき その名はジェイコブ』(ロビン・ウィリアムズ主演)。その後もドイツのテレビドラマ・映画に数多く出演する。2001年には『es』の脇役でドイツ映画賞最優秀助演賞を受賞した。2004年には第二次世界大戦をテーマとした二つの映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜』(ヴィルヘルム・ブルクドルフ役)と『Napola – Elite für den Führer」に出演した。2006年には映画『Bis zum Ellenbogen』で監督、脚本、プロデュース、出演を務めた。

主な出演作品編集

外部リンク編集