ユダヤ砂漠(ユダヤさばく、英語: Judaean Desert / Judean Desertヘブライ語: מִדְבַּר יְהוּדָהMidbar Yehudaアラビア語: صحراء يهوداSahraa' Yahuda)は、エルサレム東方から死海へと下っていく途中の、イスラエルヨルダン川西岸地区にまたがるところにある砂漠ネゲヴの北東部からベイト・エル英語版の東方へ広がるこの砂漠は、急崖(エスカープメント)英語版を伴う段丘をもつことが特徴となっている。砂漠の末端は、死海ヨルダン渓谷に落ちる急崖となっている。深く狭い峡谷 (ravine) の発達も見られ、西部では 366メートル (1,201 ft)、東部でも 183メートル (600 ft) の深さになるところもある[1]。ユダヤ砂漠は、東側のユダヤ山地英語版とともに、特別な形状の構造をもっている。

イスラエルから西岸にかけてのユダヤ砂漠の位置(赤地)。

この砂漠は、ヤシモンヘブライ語: יְשִׁימוֹןYeshimon)とも呼ばれることがあるが、これは「砂漠」、「荒野」という意味であるとともに、「ユダ族の荒野」ないし「ユダヤの荒野」などの意にもとれる[2]

位置と気候編集

ユダヤ砂漠は、エルサレムの東方にあり、死海へと下っていくところにある。周辺のおもな都市地域には、エルサレムのほかに、ベツレヘムグーシュ・エツヨンエリコヘブロンがある。

ユダヤ地方の降水量は、西方の丘陵地で 400–500ミリメートル (16–20 in)、中央部の西エルサレムで 600ミリメートル (24 in)、東エルサレムで 400ミリメートル (16 in) に減少し、東部では雨蔭効果のために 100ミリメートル (3.9 in) 程度まで下がる。ケッペンの気候区分は、西部の地中海性気候から東部の砂漠気候へと変化し、中間には細長いステップ気候の地域が広がる。

ユダヤ帯水層編集

エルサレムヘブライ大学の調査によると、ユダヤ砂漠の地下には、ユダヤ帯水層という水脈が存在しており、この帯水層はユダヤ山地に発し、北東方向へ死海に向かって流れ、ツキム (Tsukim)、カネ (Kane)、サマル (Samar)、エン・ゲディの泉で地表にも現れる。降雨を集めるこの帯水層には、毎年およそ1億立方メートルほどの水が流れている[3]

考古学編集

死海文書」は、1947年以降に、ユダヤ砂漠の11か所の洞窟から発見が重ねられたものである[4]

観光編集

ユダヤ砂漠には、観光地として、古代の要塞跡であるマサダがあるほか、急峻な峡谷へ降りてゆくハイキングなどが観光客を集めている[5]

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Elisha Efrat (1988). Geography and Politics in Israel Since 1967. Routledge (Taylor & Fancis). https://books.google.com/books?id=PS_RA6RaWpEC&pg=PA99 
  2. ^ Judean Wilderness”. BiblePlaces.com. 2015年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月28日閲覧。
  3. ^ There's Water Under the Desert -- But It's Hardly Being Used”. Phys.org. 2020年11月20日閲覧。
  4. ^ Google Japan (2011年9月27日). “砂漠からウェブへ、死海文書オンラインコレクション”. Google Japan. 2020年11月20日閲覧。
  5. ^ AFP (2016年12月14日). “滑落した息子救おうと父親が犠牲に、息子も死亡し臓器提供 イスラエル”. AFPBB News. 2020年11月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯31度42分 東経35度18分 / 北緯31.700度 東経35.300度 / 31.700; 35.300