ユッタ・フォン・ザクセン

ユッタ・フォン・ザクセン(Jutta von Sachsen, 1223年ごろ - 1267年2月2日以前)またはユーディト(Judith)は、デンマーク王エーリク4世の王妃。ザクセン公アルブレヒト1世の娘。エーリク4世とは1239年に結婚したが、エーリクは1241年まで父ヴァルデマー2世の共治王であった。

ユッタ・フォン・ザクセン
Jutta von Sachsen
デンマーク王妃
Akvarel-af-tidligere-kalkmaleri,Ringsted-Kirke,som-dronning-Jutta-kan-have-været-gengivet.jpg
在位 1239年11月17日 - 1250年8月9日

出生 1223年ごろ
死去 1267年2月2日以前
結婚 1239年11月17日
配偶者 デンマーク王エーリク4世
  マグデブルク城伯ブルヒャルト7世
子女 本文参照
家名 アスカニア家
父親 ザクセン公アルブレヒト1世
母親 アグネス・フォン・バーベンベルク
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

ユッタの生涯については詳しいことは伝わっていない。ユッタはエム(Øm)修道院の修道士との紛争に巻き込まれ、修道院の領地からトウモロコシを没収し自身のものとした。また、ユッタの署名は夫エーリク4世の葬儀に関する指示書にも見られ、それによるとエーリクは修道士の衣装で埋葬されることを希望していたという。1250年にエーリク4世は暗殺され、ユッタは娘たちをデンマークに残してザクセンに帰国したとみられる[1]

ユッタはその後、クヴェーアフルト=ローゼンブルク伯ブルヒャルト7世と再婚した。ブルヒャルト7世はマグデブルク城伯であり、ブルヒャルト6世の息子であった[2]

子女編集

デンマーク王エーリク4世との間に以下の子女をもうけた。

  • ソフィア(1241年 - 1286年) - スウェーデン王ヴァルデマール1世と結婚
  • クヌーズ(1242年) - 夭逝
  • インゲボー(1244年 - 1287年) - ノルウェー王マグヌス6世と結婚
  • ユッタ(1246年 - 1286/95年) - ロスキレの聖アグネス修道院長
  • クリストファ(1247年) - 夭逝
  • アグネス(1249年 - 1288/95年) - ロスキレの聖アグネス修道院長

マグデブルク城伯ブルヒャルト7世との間に1女をもうけた。

  • ゾフィー(1325年没) - ランゲラン公エーリク(シュレースヴィヒ公エーリク1世の息子、デンマーク王アーベルの孫)と結婚

脚注編集

  1. ^ Dansk Biografisk Leksikon
  2. ^ Cf. Helmut Lötzke, Die Burggrafen von Magdeburg aus dem Querfurter Hause (11950), Bad Langensalza: Rockstuhl, 22005 (Reprint of the newly set ed. of 1950), pp. 128-132. 978-3-936030-22-8

参考文献編集

  • Alf Henrikson: Dansk historia (Danish history) (1989) (Swedish)
  • Sven Rosborn (In Swedish): När hände vad i Nordens historia (When did what happen in the historiy of the Nordic countries) (1997)
  • Dansk biografisk Lexikon / VIII. Bind. Holst - Juul (in Danish)