ユトレヒト同盟(ユトレヒトどうめい、: Unie van Utrecht)は、オランダネーデルラント連邦共和国)建国の元となった、1579年の対スペイン軍事同盟である。

内容編集

八十年戦争中の1579年1月23日ネーデルラント17州のうち北部7州が、ユトレヒト州の首都ユトレヒトにて、対スペインの軍事同盟を結ぶ協定に調印した。これをユトレヒト同盟と呼ぶ。

この協定では、各州に自治権があることに合意し、また信仰の自由を原則とした。

意義編集

ユトレヒト同盟は1648年、三十年戦争を終結させたヴェストファーレン条約により国際的に認知されるに至った、ネーデルラント連邦共和国の基礎と見なされている。

関連項目編集