ユニット住宅(ユニットじゅうたく)は、ユニット系のプレハブ住宅である[1][2]ユニットハウスともいう[3]

ユニット住宅の例(セキスイハイムMR)

概要編集

ユニット住宅は、鉄骨構造木構造等のラーメン構造の箱型のユニットを組み合わせて造る住宅である。工期が短い、ラーメン構造により耐震性が強い、工場での断熱・遮音材の組み込みにより断熱性・遮音性が高いといった特徴を有する[4]

積水化学工業が、1970年に第1回東京国際グッドリビングショーに出展し、翌1971年に発売したセキスイハイムM1が日本での鉄骨ユニット住宅の第1号である[5][6]。セキスイハイムM1は、2004年度に、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれているほか、2013年度には世界で初めて市場で成功したボックスユニットによるプレハブ住宅であるとして、重要科学技術史資料(未来技術遺産)に選定・登録されている[7][8]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ プレハブ建築について 一般社団法人プレハブ建築協会
  2. ^ 工法別 特徴紹介 一般社団法人プレハブ建築協会
  3. ^ プレハブ式事業用建築物ユニットハウス - プレハブ住宅のできるまで 一般社団法人プレハブ建築協会
  4. ^ ユニット系プレハブ住宅・低層 - プレハブ住宅のできるまで 一般社団法人プレハブ建築協会
  5. ^ 中村政人・佐藤慎也・新堀学「ユニット化住宅の再活用可能性についてのスタディ--クローズドな技術のオープンソースへの転換をめざして (PDF) 」住宅総合研究財団研究論文集 (36), 339-350, 2009、住宅総合研究財団
  6. ^ セキスイハイムM1|積水化学をもっと知る 積水化学
  7. ^ 鉄骨ユニット「セキスイハイムM1」が未来技術遺産に登録 新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)、2013年9月10日
  8. ^ ユニット工法によるセキスイハイムの第1号商品
    『セキスイハイムM1』が国立科学博物館「未来技術遺産」に登録
    積水化学工業株式会社、2013年9月10日

関連項目編集