ユラツ語 (Yurats language)はシベリアエニセイ川西部で話されていたサモエード語派に属す言語。19世紀に死語となった。ユラツ語はおそらくネネツ語エネツ語をつなぐ連続体、またはエネツ語の古い方言と考えられる。[3]

ユラツ語
話される国 ロシア
消滅時期 19世紀初期
言語系統
ウラル語族
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 rts
Glottolog tund1255[1]
fore1266[2]
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “ツンドラ・ユラツ語”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/tund1255. 
  2. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “森林・ユラツ語”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/fore1266. 
  3. ^ Janhunen, Juha (1977). Samojedischer Wortschatz. Castreanumin toimitteita. 17. Helsinki. p. 8. ISBN 951-45-1161-1. ISSN 0355-0141. 

外部リンク編集