語族の一覧

ウィキメディアの一覧記事

語族の一覧(ごぞくのいちらん)は、世界の語族孤立した言語[1]を含む)の一覧である。

Human Language Families Map.PNG

概要編集

語族は諸言語に共通性を見出し、祖語があるのではとの意識が学究的動機に発展して成立した分類体型であり、比較言語学の方法によって同系統と証明された言語群の最上位のグループ名である。(その下位は語派、さらにその下位は語群。)

語族は、歴史学民族学などにおいて民族集団の分類に用いられることが多く、それぞれの「~語族」に基づき「~人」、「~系民族」、「~族」などと表現される[2]

次節以降では自然言語の語族の一覧を掲載する。†は比較言語学の記号で、記号が付属している言語は現在の死語を意味する。自然言語以外はその他とし、リンク先等を参照のこと。

語族の一覧編集

アフリカ編集

 
アフリカの語族の分布
 
アフロ・アジア語族の分布。橙:セム語派、赤:ベルベル語派、水色:クシ語派、黄緑:オモ語派、濃い緑:チャド諸語

ユーラシア編集

西部編集

 
印欧語族の分布(新大陸除く)
 
コーカサス諸語

北部編集

 
ウラル語族、ユカギール語の分布
 
  チュルク語族
  モンゴル語族
  ツングース語族

東部編集

 
シナ・チベット語族の分布図(赤はシナ語派、緑はチベット・ビルマ語派
 
クラ・ダイ語族の分布図
 
分布図 橙:モン語派、緑:ミエン語派
 
オーストロアジア語族の分布

南部編集

 
ドラヴィダ語族の分布

オセアニア編集

 
オーストロネシア語族の分布
 
パプア諸語の分布
 
オーストラリア諸語の語族
  Mirndi英語版
  デイリー語族英語版(4語族からなる)
  Wagiman語英語版
  Wardaman語英語版
  Darwin Region英語版
  Giimbiyu語†
  Arnhem(グンウィングアン語族を含む)英語版
  Garawan英語版 および Tangkic英語版

アメリカ編集

 
北アメリカの先住民の言語の分布
 
メキシコの先住民の言語の分布
 
南アメリカの先住民の言語の分布

提唱中の語族・大語族仮説編集

大語族仮説や提唱中の語族(系統関係未証明)の一覧。

全球的な大語族仮説編集

ボレア大語族
セルゲイ・スタロスティンが主張する。アジア・ヨーロッパ・北方のアフリカの全言語と、アメリカ先住民諸語のいくつかあるいは全てを含む。ボレアとは北半球のことである。
ノストラティック大語族
ホルガー・ペデルセンが提唱、en:Vladislav Illich-Svitychen:Aharon Dolgopolskyが現代の仮説に形作る。アフロ・アジア語族南コーカサス語族インド・ヨーロッパ語族ウラル語族ドラヴィダ語族アルタイ語族エスキモー・アレウト語族を含む。
ユーラシア大語族
ジョーゼフ・グリーンバーグが主張する。エトルリア語、インド・ヨーロッパ語族、ウラル語族、ユカギル語、アルタイ語族、朝鮮語日琉語族アイヌ語ニヴフ語チュクチ・カムチャッカ語族、エスキモー・アレウト語族を含む。
オーストリック大語族
ヴィルヘルム・シュミットが主張した。オーストロアジア語族オーストロネシア語族を含む。タイ・カダイ語族ミャオ・ヤオ語族を含むこともある。
東アジア大語族
シナ・チベット語族モン・ミエン語族オーストロネシア語族オーストロアジア語族クラ・ダイ語族を含む。日琉語族朝鮮語族を含む場合もある。
デネ・コーカサス大語族
en:John Bengtsonが主張する。シナ・チベット語族ナ・デネ語族エニセイ語族バスク語、古典アキテーヌ諸語(語族)、北東コーカサス語族北西コーカサス語族ブルーシャスキー語を含む
インド・太平洋大語族
ジョセフ・グリーンバーグが主張した。タスマニア語と大アンダマン諸語ニューギニア諸語を含む。クスンダ語ニハリ語を含むこともある。
アメリンド大語族
ナ・デネ語族エスキモー・アレウト語族を除くアメリカ先住民の言語の言語をアメリンド大語族にまとめる。ジョセフ・グリーンバーグが主張した。

中規模の提唱中の語族編集

コイサン語族
現在は独立した語族の集合体(系統関係は未証明)とされるが、互いの系統関係があるとの主張も引き続きある。
デネ・エニセイ語族
エドワード・ヴァイダが発表。ナ・デネ語族エニセイ語族から成る。
ウラル・ユカギール語族
ウラル語族ユカギール語族を同系とする説。
ウラル・シベリア語族
ウラル語族ユカギール語チュクチ・カムチャツカ語族エスキモー・アレウト語族を同系とする説。マイケル・ホーテスキューによって最初に提案。
チュクチ・カムチャツカ・アムール語族
チュクチ・カムチャツカ語族ニブフ語と同系とする説。
ウラル・アルタイ語族
古くはウラル語族アルタイ諸語が同系と想定されたが、現在、比較言語学的には否定されている。
アルタイ語族
チュルク語族モンゴル語族ツングース語族を同系とする「アルタイ語族」は古くは広く常識であったが、現在は別々の語族とするのが主流。
インド・ウラル語族
インド・ヨーロッパ語族ウラル語族を同系とする説。
オーストロ・タイ語族
オーストロネシア語族クラ・ダイ語族を同系とする説。
シナ・オーストロネシア語族
シナ・チベット語族オーストロネシア語族クラ・ダイ語族を同系とする説。
ティルセニア語族
エトルリア語†、ラエティア語†、レムニア語†などから成る。
扶余語族
中国の史料に基づき高句麗語†、扶余語†、濊貊語†、沃沮語†、百済語†(支配層)などを同系とする説。
エラム・ドラヴィダ語族
エラム語†とドラヴィダ語族を同系とする説。
北コーカサス語族
北東コーカサス語族北西コーカサス語族を同系とする説。
イベロ・コーカサス語族
北東コーカサス語族北西コーカサス語族南コーカサス語族を同系とする説。
ポンティック語族
北西コーカサス語族インド・ヨーロッパ語族を同系とする説。
アラロディア語族
北東コーカサス語族フルリ・ウラルトゥ語族を同系とする説。
バスク語族
バスク語アクイタニア語†から成る。イベリア語†などを含むこともある。
パプア諸語の大語族
パプア諸語に含まれる数十の語族を、6つ程度の大語族にまとめる。
アメリカ先住民諸語の大語族
アメリカ先住民の諸語族を、さらに上位の大語族にまとめる。#アメリカを参照。

独立語族とする説編集

従来は語族の下位語派とされるが、系統関係は無く独立した語族に分離すべきだとする説があるもの。

アルナーチャルの独立語族群
アルナーチャル・プラデーシュ州で話されるシナ・チベット語族に属すとされる諸語群が独立した語族であるとするもの。Blench (2011) により提唱。
マンデ語族イジョイド語族ドゴン語族
ニジェール・コンゴ語族の下位語派とされることが多いが、それぞれ独立した語族とする見解もある。

未分類言語編集

データ不足等の理由で他の言語との比較研究がほとんど行われておらず、分類されていない(所属語族が未決定)の言語を未分類言語という。未分類言語のほとんどは消滅したか、消滅の危機に瀕している。

その他の言語編集

接触言語編集

ピジン・クレオール言語編集

異なる言語同士が接触し、意思疎通を目的として生まれた言語。

混合言語編集

異なる言語同士が接触し、双方の特徴を保ったまま複雑に混合した言語。

人工言語編集

手話の語族編集

手話は自然言語であるが、視覚言語でもある。また、聾教育の国際的伝播と、その後の国ごとの独自の発展の経緯によって、ある程度語彙に共通性をもつ語族を形成する。なお、手話にも人工言語が存在する。

注釈編集

  1. ^ 所属言語が1語のみの語族
  2. ^ しかしこれには言語以外の宗教など文化的側面や、地域や時間的経過、その他の要素による集団分類を適用できることから、通史的に適用できる概念ではないことには注意を要する。イタリック語派に属する人々を「イタリック人」と歴史的に呼ぶことはない(通史的にはローマ人と呼ばれる)。またここから派生したラテン語のみを話す語族は現存せずラテン人は使われない(その代わり分化や気質を表すラテン系は使われる)。バチカンはラテン語を公用語としているがこれは公文書での使用に限られ、会話などでラテン語のみを使用するわけではない。
  3. ^ a b c d e f g h i 『講座言語 第6巻 世界の言語』北村甫編、青木晴夫ら共著(大修館書店

関連項目編集