ユンカース ユモ 223(Junkers Jumo 223)は、ユンカースによる24気筒の航空用ディーゼルエンジンである。ユンカース ユモ 205(直列6気筒)をベースとして、実験的に作られた。Jumo 223はJumo 205と同じような2行程対向ピストン型の航空用ディーゼルエンジンであった。 4本のクランクシャフトを菱形に配置し、24本(4バンクで各バンク6気筒)のシリンダーと48個(対向ピストン型の為)のピストンとコンロッドで構成されていた。このエンジンは4,400rpmで2,500馬力を出せるように設計され、2,370 kgもの重量がある巨大なエンジンであった。

このエンジンは一基だけ製造されたことが記録に残っているが、戦後にモスクワに運ばれて改良が続けられたとの説がある。

Jumo 224編集

Jumo223はさらに大きなエンジン(4,500馬力の出力を目指したJumo 224)の開発に着手するために、1942年に開発が中止された。

Jumo223、Jumo 224は3本のクランクシャフトを持つ ネイピア デルティック形式のエンジンに影響を与えたといわれる。