ユーディト・フォン・バイエルン (シュヴァーベン大公妃)

ユーディト・フォン・バイエルンドイツ語:Judith von Bayern, 1100年ごろ - 1130/1年2月22日)は、シュヴァーベン大公フリードリヒ2世の妃[1]

ユーディト・フォン・バイエルン
Judith von Bayern
Judith of Bavaria.jpg

出生 1100年ごろ
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
バイエルン公領
死去 1130/1年2月22日
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ロルヒ修道院
配偶者 シュヴァーベン大公フリードリヒ2世
子女 フリードリヒ1世
ベルタ
家名 ヴェルフ家
父親 バイエルン公ハインリヒ9世
母親 ヴルフヒルト・フォン・ザクセン
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示
ユーディト・フォン・バイエルン

生涯編集

ユーディトはバイエルン公ハインリヒ9世の娘である。1119/20年シュヴァーベン大公フリードリヒ2世と結婚した。フリードリヒ2世は神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の外孫にあたる。1122年に後に神聖ローマ皇帝となるフリードリヒ1世が、1123/4年には娘ベルタが生まれた[1]。この2人以外の子女の記録はない[1]

父ハインリヒ9世は、1125年の国王選挙で特別な役割を果たした。最初ハインリヒ9世は婿であるシュヴァーベン大公フリードリヒ2世の立候補を促したが、ふさわしい候補者について議論する中で考えを変え、ザクセン公ロタールを推し、ロタールがローマ王ロタール3世となった[2]

ユーディトは、義父フリードリヒ1世が寄贈したロルヒ修道院内の墓所に埋葬された[3]1475年に修道院長ニコラス・シェンク・アルベルクが全てのシュタウフェン家の墓を開け、修道院教会の身廊の墓に移した[3]。ユーディトの心臓はヴァルブールのベネディクト会修道院に夫フリードリヒ2世およびその2番目の妃アグネス・フォン・ザールブリュッケンとともに埋葬されている可能性があるが[4]、それらの墓は現在修道院教会内で見つけることはできない[3]

子女編集

以下の2人の子女をもうけた。

  • フリードリヒ1世(1122年 - 1190年) - ローマ王(1152年 - 1190年)、神聖ローマ皇帝(1155年 - 1190年)
  • ベルタ(1123/4年 - 1194/5年) - ロレーヌ公マチュー1世と結婚

脚注編集

  1. ^ a b c Hansmartin Decker-Hauff: Das Staufische Haus. In: Württembergisches Landesmuseum (Hrsg.): Die Zeit der Staufer. Geschichte – Kunst – Kultur. Stuttgart 1977, Band III, p. 349 & p. 352
  2. ^ Knut Görich: Friedrich Barbarossa. Eine Biographie. München 2011, p. 52
  3. ^ a b c Peter Koblank: Staufergräber. Nur wenige der prominentesten Staufer sind in Deutschland bestattet. on stauferstelen.net. Retrieved September 10, 2014.
  4. ^ Karl Rudolf Schnith: Mittelalterliche Herrscher in Lebensbildern. Von den Karolingern zu den Staufern. Graz 1990, p. 263
 
ロルヒ修道院身廊にあるシュタウフェン家の墓