ヨナス・マンヴィーダス

ヨナス・マンヴィーダスリトアニア語: Jonas Manvydasポーランド語: Jan Monwid1400年[1] - 1458年)は、リトアニアの貴族でアルベルタス・ヴァイティエクス・マンヴィーダスの息子である。1437年からポジーリャクレメニチの総督を、1438年にはシュヴィトリガイラ元帥を、1443年から1458年にかけてトラカイのヴァイヴァダを、1458年にはヴィリニュスのヴァイヴァダをそれぞれ勤めた[1]

画像外部リンク
Печать Монивида.jpg - 1422年のメルノの和約の布告にぶら下がっている蝋製のヨナス・マンヴィーダスの印章。そこには恐らくはレリヴァ(紋章)が描かれている。

1432年から1439年までにかけてのリトアニア大公国の内戦時ではシュヴィトリガイラの傘下としてそれを終始積極的に支持する立場に回った。息子にはアルベルタス・ヨナイティスが、娘にはヤドヴィガ(アレクナ・スディマンタイティスと結婚)とソフィア(ミカロユス・ラドヴィライティスと結婚)がいた。

リトアニア大公カジミェラスよりミンスクの諸郡であるアミシェヴォ、 ヴァウォジン及びダイギヴァナを拝領することで父祖の地を倍増させた。1451年に従兄弟のペトラス・シモナス・ゲドガウダイティスが死ぬとミールの地を受け賜わった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Насевіч В. Манівідавічы // Вялікае Княства Літоўскае. Энцыклапедыя у 3 т — Мн.: Беларуская Энцыклапедыя імя П. Броўкі, 2005. — Т. 2: Кадэцкі корпус — Яцкевіч. — С. 270. — 788 с. — ISBN 985-11-0378-0.(ベラルーシ語)

参考文献編集