ヨハネス・フランツ・オイゲン・フォン・ザヴォイエン

ヨハネス・フランツ・オイゲン・フォン・ザヴォイエンJohannes Franz Eugen von Savoyen, 1714年9月23日 - 1734年11月24日)は、神聖ローマ皇帝(ハプスブルク帝国)軍の将軍。ソワソン伯。皇帝軍の元帥オイゲン・フォン・ザヴォイエンの甥孫。最終階級は陸軍少将に相当するGeneralfeldwachtmeister英語版

ヨハネス・フランツ・オイゲン・フォン・ザヴォイエン
Johannes Franz Eugen von Savoyen
ソワソン伯
在位 1729年 - 1734年

出生 (1714-09-23) 1714年9月23日
死去 (1734-11-24) 1734年11月24日(20歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国マンハイム
配偶者 マッサ=カッラーラ女公マリーア・テレーザ・チーボ=マラスピーナ
家名 サヴォワ=ソワソン家
父親 ソワソン伯エマヌエル・トーマス
母親 マリア・テレジア・フォン・リヒテンシュタイン
テンプレートを表示
『テサウルス・パラティヌス(Thesaurus Palatinus, 宮廷の宝物庫)』に記録されたオイゲンの墓碑銘文の写し

生涯編集

ソワソン伯エマヌエル・トーマス・フォン・ザヴォイエンと、リヒテンシュタイン侯ヨハン・アダム・アンドレアスの娘マリア・テレジア(1694年 - 1772年)の間の唯一の子として生まれた。

1729年父が死ぬとソワソン伯位を継承。1733年ポーランド継承戦争が始まると、大叔父オイゲン公子の指揮下でライン方面軍に参加した[1]。父より引き継いだ胸甲騎兵連隊「若きサヴォイア公子(„Jung-Savoyen“)」連隊(後の第8竜騎兵連隊ドイツ語版)の連隊長(所有者・大佐)としての従軍であった。1734年4月3日、陸軍少将に昇任し、金羊毛騎士団及び聖アヌンツィアータ騎士団の騎士に叙せられた。

オイゲンは従軍中に「激しい高熱(„Hitzigen Fieber“,チフス)」に冒され、1734年11月24日の早朝3時20分頃に駐屯先のマンハイムで息を引き取った。20歳の若さだった。戦友たちは彼の遺体を同市内の聖ゼバスティアン教会ドイツ語版内の墓所の1つに葬った。その墓の位置は現在では不明となっているが、その墓の形状や墓碑の銘文の内容は郷土史家ヨハン・フランツ・カペリーニ・フォン・ヴィンケンブルクドイツ語版の著作『テサウルス・パラティヌス(Thesaurus Palatinus,宮廷の宝物庫)』によって現在に伝わっている[2]

死の2週間前の1734年11月10日、マッサ=カッラーラ女公マリーア・テレーザ・チーボ=マラスピーナとの代理結婚式がマッサにて挙行されたが、オイゲンが新妻に会うことなく急死したため無効となった。マリーア・テレーザは1741年にエルコレ3世・デステと結婚した。

参考文献編集

  • Andreas Lazarus von Imhof: Neu-Eröffneter Historien-Saal: Das ist kurtze, deutliche und unpartheyische Beschreibung der Allgemeinen Welt- und Kirchen-Geschichten, 6. Teil, S. 55, Basel, 1746; (Digitalscan)
  • Genealogisches Staats-Handbuch, 67. Jahrgang, S. 266, Frankfurt am Main, 1839; (Digitalscan)

外部リンク編集

引用編集

  1. ^ Zu den Kampfhandlungen am Rhein: Digitalscan des Buches Feldzüge des Prinzen Eugen von Savoyen im Polnischen Thronfolgekrieg (1733-34)
  2. ^ Grabinschrift Johannes Franz Eugen von Savoyen aus dem Thesaurus Palatinus
先代:
エマニュエル=トーマ
ソワソン伯
1729年 - 1734年
次代:
(フランス王領)