ヨハン・アルベルト・レーゲル

ヨハン・アルベルト・レーゲル(Johann Albert Regel、ロシア語表記:Иоанн-Альберт Регель、1845年12月12日 - 1909年7月6日)は、スイス生まれで、ロシアで働いた医師植物学者中央アジアの研究者、考古学者である。

生涯編集

チューリッヒで生まれた。父親のエドゥアルト・アウグスト・フォン・レーゲル(Eduard August von Regel:1815年-1892年)はドイツ生まれで、スイス、ロシアで働いた植物学者で1855年からサンクトペテルブルクの帝立植物園の上級植物学者、園長を務めた人物である。当時ロシア領であったイリ地方グルジャ市で医師として働いた。1879年から1880年の間、トルファン探検を行い、トルファン地域の仏教遺跡遺物を報告した。

タジキスタンのカラテジン(Karategin)やダルヴァズ(Darwaz)も訪れた。

著作編集

  • Beitrag zur Geschichte des Schierlings und Wasserschierlings. - Moskau, 1877. 外部リンク:Universitäts- und Landesbibliothek Düsseldorf
  • Reisen in Central-Asien, 1876-79. Dr. A. Petermann's Mittheilungen aus Justus Perthes' Geographischer Anstalt; 25巻 1879, S.376-384 、408-417. Justus Perthes, Gotha 1879に収録
  • Meine Expedition nach Turfan 1879. Dr. A. Petermann's Mittheilungen aus Justus Perthes' Geographischer Anstalt; 27巻 1881, S.380-394. Justus Perthes, Gotha 1881に収録

参考文献編集

  • Edward Delmar Morgan: „Dr. Regel's Expedition from Kuldja to Turfan in 1879-1880“, in: Proceedings of the Royal Geographic Society, Juni 1881
  • S. L. Tikhvinskiy, B.A. Litvinskiy: Vostochnïy Turkestan v drevnosti i rannem srednevekove (Ost-Turkestan im Altertum und frühen Mittelalter), Moskau 1988
  • Jack A. Dabbs: History of the Discovery and Exploration of Chinese Turkestan. The Hague: Mouton, 1963.