メインメニューを開く
ヨハン・テッツェル(1465 - 1519年)

ヨハン・テッツェルドイツ語: Johann Tetzel、Johann Tezelとも、 1465年 - 1519年8月11日)は、ドミニコ会の修道士で、16世紀前半にドイツ免罪符を配布・販売した中心人物の一人として知られている。

目次

概要編集

ヨハン・テッツェルはドイツ・ザクセン公国で1465年に生まれ、1519年8月11日ライプツィヒで亡くなっている。彼はおそらくライプツィヒで修道士となり、1509年にはポーランドへ移り、後にザクセン公国へ戻っている[1]

彼を歴史に登場させたのは、マインツブランデンブルクのアルバートAlbert of Brandenburg枢機卿のために、免罪符配布/販売の中心人物の一人となり、後にマルティン・ルタープロテスタント宗教改革の契機(1517年)のひとつとなったといわれている。

テッツェルの売り口上編集

ヨハン・テッツェルが配布した免罪符は、富裕な市民へは6グルデン、その他の一般市民へは1グルデンで、村に住む人々へは1/2グルデンとか、1/4グルデンとか伝えられている。彼の売り口上がいろいろと引用されて有名になっているが、それはを踏んだ対句ドイツ語

    So bald der Gülden im Becken klingt,
    Im huy die Seel im Himmel springt.[2]

であったとか、これを英語では

とか、日本語では

    グルデン金貨が、おでチリンと鳴れば、
    魂は地獄から(天国へ)、ポチンと飛び上がる。

などとなるが、彼はうやうやしくラテン語でいったのか、韻を踏んだ対句だったのか、果たしてこうしたことを実際にいったかは分っていない。[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集