ヨハン (ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯)

ヨハン・フォン・ブランデンブルクJohann von Brandenburg, 1406年 - 1464年11月16日)は、ホーエンツォレルン家ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯錬金術伯(der Alchimist)とも呼ばれる。ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世下バイエルン=ランツフート公フリードリヒの娘エリーザベトの長男。選帝侯フリードリヒ2世アルブレヒト・アヒレスの兄。

ヨハン・フォン・ブランデンブルク
Johann von Brandenburg
ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯
John the Alchemist.jpg
在位 1440年 - 1457年

出生 1406年
死去 1464年11月16日
バイアースドルフ
配偶者 バルバラ・フォン・ザクセン
子女 バルバラ
ルドルフ
エリーザベト
ドロテア
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ1世
母親 エリーザベト・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

生涯編集

父フリードリヒ1世存命中に、ブランデンブルク統治を任されたが、錬金術に熱中し政治的に無能であったため、フリードリヒ1世は失望し、自らの死に際しブランデンブルク選帝侯位は次男のフリードリヒ2世に継承させ、ヨハンはクルムバッハ辺境伯領を継承した[1]。ヨハンは宮廷をクルムバッハのプラッセンブルクに置いた。正嫡の息子がいなかったため、1457年に退位した後の辺境伯位は弟のアルブレヒト・アヒレスが継承した。

子供編集

ザクセン選帝侯ルドルフ3世の娘バルバラと結婚した。彼らの子供は以下の通り。

他に庶子のフリッツ・フォン・ブランデンブルクがいる。

脚注編集

  1. ^ 岡地、付録p. 64

参考文献編集

  • 岡地稔 『あだ名で読む中世史』 八坂書房、2018年
  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5

外部リンク編集

先代:
フリードリヒ1世
ブランデンブルク=
クルムバッハ辺境伯
1440年 - 1457年
次代:
アルブレヒト・アヒレス