ヨーロッパチャンピオンズリーグ (卓球)

ヨーロッパチャンピオンズリーグ (卓球) は、ヨーロッパの各卓球リーグの上位チームが参加し、ヨーロッパ最強のクラブを決定する卓球のリーグ戦である。以前はヨーロッパカップという名称であったが、男子は1998/1999年シーズンから、女子は2005/2006年シーズンから現在の名称になった。

ヨーロッパチャンピオンズリーグ Table tennis pictogram.svg
大会概要
英語 European Champions League (table tennis)
開始年 1998/1999
主催 ETTU英語版
参加チーム数 男子16、女子6
中継放送局 ETTUTV
サイト 公式サイト(英語)
2016/17
2017/18
■テンプレート■ノート ■解説プロジェクト:卓球

略称は「ECL」。

概要編集

男子編集

現在の参加数は16チームである。4チームずつ4つの組に分かれてホーム&アウェイでリーグ戦を行い、各組の上位2チームが決勝トーナメントに進出する。決勝トーナメントもホーム&アウェイで2戦行い、2勝するか、1勝1敗で得失点差で上回ったチームが勝ち上がる。試合方式は、世界選手権団体戦と同様の、双方のチームが3人の選手でシングルスにより最大5回対戦し、先に3勝した側が勝ちとなる方式である。

女子編集

現在の参加数は6チームである。3チームずつ2つの組に分かれてホーム&アウェイでリーグ戦を行い、各組の上位2チームが決勝トーナメントに進出する。試合方式などは男子と同様である。

過去の優勝・準優勝チーム編集

男子編集

Year 優勝 Score 準優勝
1998/1999   Caen 3:4
4:3
(20:18)
  ボルシア・デュッセルドルフ
1999/2000   ボルシア・デュッセルドルフ 3:0
3:0
  Niederösterreich
2000/2001   Royal Villette Charleroi 3:0
3:2
  Niederösterreich
2001/2002   Royal Villette Charleroi 3:2
3:1
  Niederösterreich
2002/2003   Royal Villette Charleroi 3:1
3:2
  Zugbrücke Grenzau
2003/2004   Royal Villette Charleroi 3:1
3:1
  Zugbrücke Grenzau
2004/2005   RE-BAU Gönnern 1:3
3:1
(18:13)
  Royal Villette Charleroi
2005/2006   RE-BAU Gönnern 2:3
3:1
  Royal Villette Charleroi
2006/2007   Royal Villette Charleroi 3:1
3:2
  Niederösterreich
2007/2008   Niederösterreich 3:0
3:2
  Royal Villette Charleroi
2008/2009   ボルシア・デュッセルドルフ 2:3
3:0
  Liebherr Ochsenhausen
2009/2010   ボルシア・デュッセルドルフ 1:3
3:0
  Royal Villette Charleroi
2010/2011   ボルシア・デュッセルドルフ 3:0
1:3
  GAZPROM Fakel Orenburg
2011/2012   Gazprom Orenburg 3:0
3:2
  UMMC Ekaterinburg
2012/2013   Gazprom Orenburg 3:1
1:3
(315:311)
  Chartres
2013/2014[1]   Pontoise-Cergy 3:1
1:3
(18:16)
  Gazprom Orenburg
2014/2015   Gazprom Orenburg 1:3
3:0
  ボルシア・デュッセルドルフ
2015/2016   Pontoise-Cergy 1:3
3:1
(15:14)
  Eslövs AI BTK
2016/2017   Fakel Gazprom 3:0
3:2
  ボルシア・デュッセルドルフ
2017/2018   ボルシア・デュッセルドルフ 3:2
3:1
  Fakel Gazprom
2018/2019   Fakel Gazprom 3:2
3:2
  TTSC UMMC
2019/2020 Cancelled due to the COVID-19 pandemic.
2020/2021   ボルシア・デュッセルドルフ 3:1   FC Saarbrücken
2021/22   ボルシア・デュッセルドルフ

女子編集

Year Champions Score Runner-up
2005/2006   Sterilgarda Castel Goffredo 3:2
3:2
  Müllermilch Langweid
2006/2007   Sterilgarda Castel Goffredo 3:2
3:2
  MF Services Heerlen
2007/2008   MF Services Heerlen 3:1
Kroppach unavailable to play
  FSV Kroppach
2008/2009   Linz AG Froschberg 2:3
3:1
  FSV Kroppach
2009/2010   MF Services Heerlen 3:1
3:0
  Linz AG Froschberg
2010/2011 Cancelled[2]
2011/2012   Berlin Eastside 3:2
2:3
(19–18)
  Ströck
2012/2013   Linz AG Froschberg 3:1
3:2
  Budaörsi
2013/2014   Berlin Eastside 3:2
3:0
  Fenerbahçe
2014/2015   Fenerbahçe 3:2
3:1
  Linz AG Froschberg
2015/2016   Berlin Eastside 3:2
3:0
  SPAR-Zamek Tarnobrzeg
2016/2017   Berlin Eastside 2:3
3:1
  Siarka ZOT Tarnobrzeg
2017/2018   Dr. Časl 3:2
3:0
  Bursa BB
2018/2019   Enea Siarka Tarnobrzeg 3:2
3:2
  Dr. Časl
2019/2020 Cancelled due to the COVID-19 pandemic.
2020/2021   Berlin Eastside 3:2   Linz AG Froschberg
2021/2022   Enea Siarkopol Tarnobrzeg 3:2
3:2
  Berlin Eastside

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Karlsson gives the crown to Pontoise”. European Table Tennis Union (2014年5月30日). 2014年6月13日閲覧。
  2. ^ Owing to the global financial crisis, only four teams entered the competition. As too few teams participated, the women's competition was suspended for a year.

外部リンク編集