ライト染色(ライトせんしょく、: Wright's stain)は、血液細胞種の分化を区別するための血液学的な染色法である。古典的にはエオシン(赤色)とメチレンブルーの混合染料である。これは主に、末梢血塗抹標本英語版、尿サンプル、および骨髄穿刺液を光学顕微鏡で観察する際に使用される。細胞遺伝学では、染色体を染色することで、症候群や疾患の診断を容易にするために使用される。

これは、1902年にロマノフスキー染色英語版を改良してこの染色法を考案したジェームズ・ホーマー・ライト英語版にちなんで命名された。血球を簡単に区別しやすいことから、感染症や白血病などの疾患が疑われる場合に、白血球数の計測を行うために広く用いられている。

関連する染色には、緩衝ライト染色ライト-ギムザ染色(ライト染色とギムザ染色の組み合わせ)、および緩衝ライト-ギムザ染色が知られており、具体的な手順は、使用する溶液によって異なり、エオシンY英語版アズールBメチレンブルーなどが含まれる(市販の製剤には、染色を簡素化するために溶液を組み合わせたものもある)[1]メイ-グリュンワルド染色英語版は、より強い発色をするが、実施に時間がかかる。

尿サンプルをライト染色すると、間質性腎炎英語版または尿路感染症の原因となる好酸球が確認できる[2]

編集

ライト染色で染色した白血球の顕微鏡写真像。

参照項目編集

脚注編集

  1. ^ “Wright Giemsa Stains”. Sigma-Aldrich. http://www.sigmaaldrich.com/life-science/cell-biology/hematology-and-histology/wright-stain.html 2016年10月28日閲覧。 
  2. ^ Corwin, H. L.; Bray, R. A.; Haber, M. H. (1989-11-01). “The detection and interpretation of urinary eosinophils”. Archives of Pathology & Laboratory Medicine 113 (11): 1256–1258. ISSN 0003-9985. PMID 2479358.