メインメニューを開く

ラシュトラパティ・バワン英語: Rashtrapati Bhavanヒンディー語: राष्ट्रपति भवन)は、インドニューデリーにある大統領官邸である。総敷地面積は約130haあり、国家元首の官邸としては世界最大規模の面積となる。

ラシュトラパティ・バワン
Rashtrapati Bhavan

Forecourt, Rashtrapati Bhavan - 1.jpg

情報
用途 大統領官邸
設計者 エドウィン・ラッチェンス
敷地面積 1,300,000 m²
延床面積 19,000 m² (容積率1%)
階数 4階
着工 1912年
竣工 1929年
所在地 インドの旗 インド ニューデリー ラジパース
座標 北緯28度36分51.63秒 東経77度11分59.29秒 / 北緯28.6143417度 東経77.1998028度 / 28.6143417; 77.1998028座標: 北緯28度36分51.63秒 東経77度11分59.29秒 / 北緯28.6143417度 東経77.1998028度 / 28.6143417; 77.1998028
テンプレートを表示

概要編集

イギリス統治下のインドで首都機能をコルカタからニューデリーへと移転することが1911年12月に決定された。首都機能移転の都市計画によりインド総督府が建設されることとなり、エドウィン・ラッチェンスが設計を任されることとなった。建設が決まった当時のインド総督であるチャールズ・ハーディングは4年以内に総督府が完成することを望んでいたが、1912年からはじまった建設は完成までに17年以上の期間を要することとなった。こうした工事の遅延の主な要因は第1次世界大戦によるものである[1]

インドの独立後には大統領官邸として使用されることとなった。

脚注編集

  1. ^ Making of Rashtrapati Bhavan”. 2019年5月26日閲覧。

外部リンク編集