メインメニューを開く

ラスコー洞窟

ラスコー洞窟の壁画
洞窟の平面図[注釈 1]

ラスコー洞窟(ラスコーどうくつ、: Grotte de Lascaux)は、フランスの西南部ドルドーニュ県ヴェゼール渓谷モンティニャック村の南東の丘の上に位置する洞窟である。先史時代(オーリニャック文化)の洞窟壁画で有名である。

ラスコー洞窟の壁画は、アルタミラ洞窟壁画と並ぶ先史時代(フランコ・カンタブリア美術)の美術作品である。これは1940年9月12日、モンティニャック村の少年が、穴に落ちた飼い犬を友達3人と救出した際に発見された[2][3]。洞窟の全長は200メートル程度[4]。地下に長く伸びる洞窟は枝分かれし、壁画が集中している大空間などがいくつかある[注釈 2]。洞窟の側面と天井面(つまり洞窟の上半部一帯)には、数百の馬・山羊・羊・野牛・鹿・かもしか・人間・幾何学模様の彩画、刻線画、顔料を吹き付けて刻印した人間の手形が500点もあった。これらは20,000年前の後期旧石器時代クロマニョン人によって描かれていた。

目次

壁画編集

材料として、赤土・木炭を獣脂・血・樹液で溶かして混ぜ、黒・赤・黄・茶・褐色の顔料を作っていた。顔料はくぼんだ石等に貯蔵して、こけ、動物の毛、木の枝をブラシがわりに、または指を使いながら壁画を塗って描いたと考えられる。この壁画には、古い絵の上に新しい絵が重ねて描いてある。絵画の空間としてはあまり意識せずに描いてある。

無数の壁画がある内の1つ、黒い牛の絵の角に遠近法が用いられている。手前の角が長く描かれ、奥の角は手前の角より短く描かれている。そのほかの人・動物にも、遠近法が用いられている。

洞窟の公開編集

 
ラスコー洞窟の入口

1948年7月14日、洞窟は一般公開された[6]。かつては大勢の観客を洞窟内に受け入れていた[6]が、観客の吐く二酸化炭素により壁画が急速に劣化したため、1963年以降から、壁画の外傷と損傷を防ぐため、洞窟は閉鎖された。現在は壁画修復が進む一方、一日に数名ごとの研究者らに応募させ入場・鑑賞させているほかは、ラスコーの壁画は1963年4月20日[7]に非公開とされている。[8]

 
建設中のラスコー4(2015)

オリジナルの洞窟の近くにレプリカの洞窟「ラスコー2」が1983年に作られており、こちらは一般見学が可能である[9]。この他、遠隔地での展示が可能な「ラスコー3」が作られている[9]。さらには2016年12月には新たなレプリカ洞窟「ラスコー4」がオープンした[10]

脚注編集

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 日本語による平面図[1]
  2. ^ 洞窟は7つの空間に分かれ、それぞれ「牡牛の広間」「軸状ギャラリー」「通路」「後陣」「井戸状の空間」「身廊」「ネコ科の部屋」という名前が付けられている[5]
出典
  1. ^ 三浦 2008, p. 3.
  2. ^ 「1940年に少年4人によって発見され...」 ラスコー洞窟壁画展 17年春東北歴史博物館”. 河北新報社 (2015年5月19日). 2015年12月23日閲覧。
  3. ^ 世界遺産ラスコー展 2016-2017 毎日新聞社
  4. ^ クロマニョン人はただ者じゃない……世界遺産ラスコー展”. 世界遺産アカデミー. 2018年2月12日閲覧。
  5. ^ MMM 世界のアートとデザインを暮らしに”. メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド. 2018年2月17日閲覧。
  6. ^ a b 三浦 2008, p. 5.
  7. ^ 三浦 2008, p. 7.
  8. ^ Laurent Banguet (2011年6月28日). “20世紀の過ちを教訓に、ラスコー洞窟壁画保存のいま”. AFP. 2015年12月23日閲覧。
  9. ^ a b 旅いさら (2015年6月16日). “この夏、パリにいながらにして、ラスコー壁画を鑑賞しよう!”. Excite Japan Co., Ltd.. 2015年12月23日閲覧。
  10. ^ “ラスコー洞窟を忠実に再現、「ラスコー4」がオープン フランス”. AFPBB News. AFP通信 (モンティニャック/フランス). (2016年12月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3110959 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集