ティベリアに所在するラビ・メイルの墳墓の歴史的写真。
近年の墳墓の写真。

ラビ・メイル(Rabbi Meir、ヘブライ語: רַבִּי מֵאִיר‎)は、ミシュナーの時代に活動したユダヤ賢者。第4世代のタンナーイーム(139年-163年)の中で、最も偉大な人物の一人と考えられている。彼はミシュナーにおいて3番目に多く言及されている賢者であり[1]、妻のベルリヤ英語版は、ゲマーラーで言及された数少ない女性の一人である。

生涯編集

ラビ・メイルは小アジアで生まれた。タルムードによると、彼の父親はローマ皇帝ネロの子孫であると言われている[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Drew Kaplan, "Rabbinic Popularity in the Mishnah VII: Top Ten Overall [Final Tally] Drew Kaplan's Blog (5 July 2011).
  2. ^ Gittin 56a

参考文献編集

  この記事にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれる: Singer, Isidore; et al., eds. (1901–1906). "MEÏR (MEÏR BA'AL HA-NES = "Meïr the miracle-worker")". Jewish Encyclopedia. New York: Funk & Wagnalls Company.

外部リンク編集