ラペル: lapel)は、洋服カラー(上襟)に続く身頃の折り返し部分。下襟とも言われる。

目次

ラペルの外見編集

ノッチドラペル編集

 

菱形のラペルで、もっともオーソドックスな形状。背広襟ともいわれ、あらゆるシーンに対応する。シングルのスーツに多いスタイル。

セミピークドラペル編集

ノッチトラペルとピークとラペルの間

ピークドラペル編集

 

ピークは「先のとがった」という意味で、ラペルの先端が上向きになっているのが特徴。ドレッシーなスタイルにも対応する。ダブルのスーツに多いスタイル。拝絹付きのものは燕尾服に用いられる。

ローリングダウンラペル編集

第一ボタンの襟が折返っている襟。

ショールカラー(へちま襟)編集

 

上衿とラペルが繋がっており、礼服に於いては拝絹(艶ありのシルク素材が多い)が有る、タキシードに用いられる襟、夜の慶事の礼服に用いられることが多い。カーディガンにも見られる。ガウンおよびスモーキングジャケットに由来する。

マオカラー(立襟)編集

人民服国民服学生服などに似た襟、スタンドカラーのワイシャツを合わせることが多い。マオカラースーツの特徴的な衿。

ラペルの幅編集

ナローラペル
細目のラペル。幅は5cm~7.5cm程度。
レギュラーラペル
平均的なラペル。幅は8cm~8.5cm程度。
ワイドラペル
太めのラペル、風で舞い上がらないように固く重く加工してあることもある。幅は9cm~11cm程度だが、まれに12cmから13cmの太い幅もある。

背広のラペルの幅とワイシャツの衿の幅、ネクタイの幅を合わせると見た目が揃う。

関連項目編集