ラミントン男爵: Baron Lamington)は、かつて存在したイギリスの男爵位。1880年以来、3代にわたってコクラン=ベイリー家が保持していたが、1951年に廃絶した。ダンドナルド伯爵家の分家筋であった。

初代男爵のカリカチュア

歴史編集

首相ベンジャミン・ディズレーリの若き日の盟友にして保守党の政治家アレクサンダー・ベイリー=コクラン英語版(1816-1890)は、晩年にあたる1880年5月3日連合王国貴族爵位のラナーク州ラミントンのラミントン男爵(Baron Lamington, of Lamington, in the County of Lanark)に叙せられた[註釈 1][4][5]。彼ののちは一人息子のチャールズが爵位を継承した。

2代男爵チャールズ(1860-1940)も父同様に保守党の政治家で、クイーンズランド州総督ボンベイ総督英語版を歴任している[4][6]

その息子である3代男爵ヴィクター(1896-1951)スコッツガーズ連隊付大尉として第一次世界大戦に従軍して、柏葉敢闘章を授与されている[7]。しかし、彼には子がなかったため、彼の死をもってラミントン男爵は廃絶となった[7]

一族のモットーは『幸運に勝る輝きやあらん(qvid clarivs astris)』であった[4]

ラミントン男爵(1880年)編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 初代男爵はその若き日にディズレーリらとともに、党内反執行グループである「ヤング・イングランド英語版」を結成して行動した[2]。ただし、彼はディズレーリの野心を警戒もしていたという[3]

出典編集

  1. ^ “Some Special Recipes.”. The Sydney Mail (NSW: National Library of Australia): p. 37. (1927年6月29日). オリジナルの2015年2月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150201001704/http://nla.gov.au/nla.news-article169146899 2019年12月17日閲覧。 
  2. ^ ブレイク(1993), p. 193-203.
  3. ^ モロワ(1960), p. 149.
  4. ^ a b c Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. (1921). https://archive.org/details/debrettspeeraget00unse 
  5. ^ No.24838”. The Gazette 27 April 1880. 2020年2月10日閲覧。
  6. ^ Joyce, R. B. 『Australian Dictionary of Biography』National Centre of Biography, Australian National University、Canberra、p=536頁http://adb.anu.edu.au/biography/lamington-second-baron-7018 
  7. ^ a b Person Page”. thepeerage.com. 2020年2月9日閲覧。

参考文献編集

  • ブレイク男爵 著、谷福丸 訳、灘尾弘吉監修 編 『ディズレイリ』大蔵省印刷局、1993年(平成5年)。ISBN 978-4172820000 
  • アンドレ・モロワ 著、安東次男 訳 『ディズレーリ伝』東京創元社、1960年(昭和35年)。ASIN B000JAOYH6 

関連項目編集