メインメニューを開く

ラムセス8世Ramesses VIII、在位:前1126年頃? - 1125年頃?)は、古代エジプト第20王朝の第7代ファラオ。即位名はウセルマアトラー・アケンアメンまたはセトヘルケプシェフ・メリアメン

概要編集

ラムセス3世の末子の一人で、ラムセス4世ラムセス6世の弟だった。[1]同王朝で最も不明瞭な支配者で、在位期間は約1年、大きく見積もっても2年程度しかなかったと見られている。甥であるラムセス7世の死後、その後を継いだという事実から、王位の継承を巡って何らかの問題があった可能性がある。[2]

王墓編集

20王朝の王の中で唯一王墓が見つかっていない。次の王ラムセス9世の息子メンチュヘルケプシェフの墓であるKV19は元々ラムセス8世の為に用意された墓だった可能性がある。またザヒ・ハワス監督下の発掘チームは、ラムセス8世が王位継承者となる以前、セトヘルケプシェフの名だった頃に建設された墓に埋葬された可能性があると見ている。[3]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Nicolas Grimal, A History of Ancient Egypt, (Blackwell Books: 1992), pp.288-289
  2. ^ クレイトン 1998 p.217-218
  3. ^ www.guardians.net

注釈編集

参考文献編集

  • ピーター・クレイトン『古代エジプト ファラオ歴代誌』吉村作治監修、藤沢邦子訳、創元社、1999年4月。ISBN 4422215124
  • ジョイス・ティルディスレイ英語版『古代エジプト女王・王妃歴代誌』吉村作治監修、月森左知訳、創元社、2008年6月。ISBN 9784422215198
  • エイダン・ドドソン, ディアン・ヒルトン『全系図付エジプト歴代王朝史』池田裕訳、東洋書林、2012年5月。ISBN 978-4887217980
先代:
ラムセス7世
古代エジプト王
150代
前1133年? - 1126年頃?
次代:
ラムセス9世