メインメニューを開く

ラムセス7世Ramesses VII、在位:前1133 - 1126年頃)は、古代エジプト第20王朝の第6代ファラオ。即位名はウセルマートラー・メリアメン・セテプエンラー

概要編集

先代の王ラムセス6世の息子だった。その治世については殆ど記録が無いが、トリノ会計パピルスをはじめとする複数の史料から、7年ほど在位したことが分かっている。 同じ史料に記された内容によれば、この時代に穀物価格が異常に高騰しており、経済的な混乱があったことを伺わせている[1]

埋葬編集

ラムセス7世の墓は王家の谷の中心部から大きく離れた場所に築かれた。墓はギリシアローマ時代より観光客に向けて解放されており、旅行者が多数の落書きを残している。ナポレオン・ボナパルトエジプト遠征の際、ヨーロッパ人による本格的な王家の谷の調査が初めて行われ、ラムセス7世の墓を "1er Tombeau"(第1の墓)と名付けた。これに基づいて後にKV1の名が与えられ、現在もこの名称が適用されている。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ クレイトン 1998 p.217

注釈編集

参考文献編集

  • ピーター・クレイトン『古代エジプト ファラオ歴代誌』吉村作治監修、藤沢邦子訳、創元社、1999年4月。ISBN 4422215124
  • ジョイス・ティルディスレイ英語版『古代エジプト女王・王妃歴代誌』吉村作治監修、月森左知訳、創元社、2008年6月。ISBN 9784422215198
  • エイダン・ドドソン, ディアン・ヒルトン『全系図付エジプト歴代王朝史』池田裕訳、東洋書林、2012年5月。ISBN 978-4887217980

外部リンク編集

先代:
ラムセス6世
古代エジプト王
149代
前1133年 - 1126年頃
次代:
ラムセス8世