ラモンド・マレー

ラモンド・マレーLamond Maurice Murray, 1973年4月20日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール選手。カリフォルニア州パサデナ出身。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAロサンゼルス・クリッパーズなど4チームに所属していた。ポジションはスモールフォワード。身長201cm、体重106.6kg。元NBAプレイヤーのトレーシー・マレーとは従兄弟同士である。

ラモンド・マレー
Lamond Murray
引退
ポジション(現役時) SF
背番号(現役時) 30, 7, 21, 31
身長(現役時) 201cm (6 ft 7 in)
体重(現役時) 106kg (234 lb)
基本情報
本名 Lamond Maurice Murray
ラテン文字 Lamond Murray
誕生日 (1973-04-20) 1973年4月20日(47歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州パサデナ
出身 カリフォルニア大学
NBAドラフト 1994年 7位 
選手経歴
1994-1999
1999-2002
2002-2005
2005-2006
2007
2007
2008
2008
2008-2009
2009
2009-2010
2010
2010-2011
2011-2012
ロサンゼルス・クリッパーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
トロント・ラプターズ
ニュージャージー・ネッツ
広東サザンタイガース
ロングビーチ・ブレイカーズ(ABA)
広東サザンタイガース
ロサンゼルス・ライトニング(IBL)
広東サザンタイガース
ロサンゼルス・ライトニング(IBL)
Al-Muharraq(バーレーン)
ロサンゼルス・ライトニング
Al-Muharraq(バーレーン)
ロサンゼルス・スラム(ABA)
Stats ウィキデータを編集 NBA.com

経歴編集

カリフォルニア大学バークレー校ジェイソン・キッドとチームメイトだったマレーは、大学時代からスコアラーとして鳴らしていた。3年時には平均24.3得点を記録し、数々の大学の記録を塗り替えた。NCAAトーナメント終了後にアーリーエントリーを表明、1994年のNBAドラフトで全体の7位指名を受け、ロサンゼルス・クリッパーズへ入団した。

ルーキーの年は81試合に出場、61試合で先発し平均14.1得点と活躍したが、その後2年間は低迷した。4年目となった1997-98シーズンにはビル・フィッチヘッドコーチに信頼されるようになり65試合で先発、チームトップの平均15.4得点、FG%は自己最高の48.1%を記録した。1998-99シーズンは、ルーキーのタイロン・ネスビーと出場時間を分け合い、今一つの成績に終わった。

1999-2000シーズン前に、デレック・アンダーソンとの交換でクリーブランド・キャバリアーズへ移籍した。キャブスではショーン・ケンプアンドレ・ミラーに次ぐ得点源として活躍し、2001-02シーズンには、自己最高の16.6得点を記録した。

SFが多いチーム事情から、2002-03シーズン前に、マイケル・スチュワート、ドラフト1巡指名権との交換でトロント・ラプターズへトレードされた[1]。最初の年は怪我で棒に振り、その後は控えでの出場が多くなった。出場時間を求めてトレードを直訴した時もあったが、契約が切れるまで在籍した。

2005-06シーズン前に、フリーエージェントとなったマレーは、同郷のキッドのいるニュージャージー・ネッツと契約、大半は控えとしての出場だったが、1997年以来にプレイオフに出場した。シックスマンクリフォード・ロビンソンが禁止薬物使用違反により出場停止になると出場機会は増え、マイアミ・ヒート戦では平均9.2得点とまずまず活躍したが、チームは1-4で敗れた。

2006-07シーズンは、開幕前に古巣のクリッパーズと契約したものの、プレシーズン中の10月下旬に解雇された。

その後、広東サザンタイガースABAIBLなどでプレーした。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Raptors Acquire Lamond Murray”. nba.com (2002年9月25日). 2015年7月12日閲覧。

外部リンク編集