ラリサ・セレズネワ

ラリサ・ユーリェヴナ・セレズネワロシア語: Лариса Юрьевна Селезнева[1]1963年9月12日 - )は、旧ソビエト連邦出身の女性フィギュアスケート選手で現在はコーチ。1984年サラエボオリンピックペア銅メダリスト。パートナーは夫でもあるオレグ・マカロフ。娘はフィギュアスケート選手のクセニヤ・マカロワ

ラリサ・セレズネワ
Larisa SELEZNEVA
Figure skating pictogram.svg
選手情報
生年月日 (1963-09-12) 1963年9月12日(56歳)
代表国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic (1954–1991).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
親族 オレグ・マカロフ (夫)
クセニヤ・マカロワ (娘)
元パートナー オレグ・マカロフ
元コーチ イゴール・モスクビン
アンドレイ・スライキン
所属クラブ Zenit St. Petersburg
引退 1990年
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
1984 サラエボ ペア
世界選手権
1985 東京 ペア
1988 ブダペスト ペア
欧州選手権
1985 イエテボリ ペア
1987 サラエヴォ ペア
1988 プラハ ペア
1989 バーミンガム ペア
1990 レニングラード ペア
世界ジュニア選手権
1979 アウクスブルク ペア
1980 ムジェーヴ ペア
1981 オンタリオ ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

1979-1980年、1980-1981年シーズンの世界ジュニアフィギュアスケート選手権で2連覇を果たす。翌1981-1982年シーズンよりシニアに転向し、1984年のサラエボオリンピックでは銅メダルを獲得した。

1987年と1989年、ヨーロッパフィギュアスケート選手権で優勝。

1988年、2度目のオリンピックとなったカルガリーオリンピックでは、ショートプログラムで6位と大きく出遅れ、フリースケーティングで巻き返したものの総合4位に終わりメダル獲得はならなかった。のちにパートナーでもあるマカロフと結婚。アメリカでコーチとして活動している。

主な戦績編集

大会/年 1978-79 1979-80 1980-81 1983-84 1984-85 1985-86 1986-87 1987-88 1988-89 1989-90
オリンピック 3 4
世界選手権 4 2 4 4 3 4
欧州選手権 4 2 1 2 1 2
世界Jr.選手権 2 1 1

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 英語: Larisa Yurievna Selezneva

外部リンク編集