ラ・セグンダ・セントラル・ベーカリー

ラ・セグンダ・セントラル・ベーカリー(La Segunda Central Bakery)は、アメリカ合衆国のフロリダ州タンパ地区イーボー・シティ英語版にある、キューバパンペイストリーズ、および他の焼き菓子を扱う歴史上有名な調達人である。1915年に設立され、店は生活協同組合形式で運営されたラ・プリメーラ(La Primera)、ラ・セグンダ(La Segunda)、およびラ・テルセーラ(La Tercera)という3軒のベーカリーのうちの1つであった。他の2軒は閉鎖され、ファン・モレー(Juan Moré)がラ・セグンダを購入し、一族は4世代に渡りラ・セグンダの経営を続けている。

外観写真

ラ・セグンダ・セントラルはタンパでキューバパンを生産する最も大規模なパン屋であり、イーボー・シティ近隣にある歴史上有名なコロムビア・レストラン英語版を含む、町全体の店やレストランに店を代表する商品を納品している[1] 。店は卸売りとして、およびメディアノウシュ英語版スカッチャミートパイ、ソーセージロール、グアバ・ターンオーバースペイン料理カスタードプディング、イタリアンクッキー、サンドイッチ、ケーキ、およびカフェ・コン・レチェを含む得意分野における幅広い詰め合わせを売り出しながら、デリカテッセンだけではなく大規模、かつ小売りのベーカリーとしても経営している。このベーカリーは15番通り2512番地に位置している[2]

脚注 編集

  1. ^ Carlton, Sue (2015年2月20日). “100 years of Cuban bread at Ybor City's La Segunda Central Bakery”. Tampa Bay Times. http://www.tampabay.com/news/humaninterest/one-hundred-years-of-cuban-bread/2218527 2016年1月25日閲覧。 
  2. ^ Clear, Marty (2003年11月28日). “For 65 years, he brought Cuban bread all over town”. St. Petersburg Times. オリジナルの2003年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031204112129/http://www.sptimes.com/2003/11/28/Citytimes/For_65_years__he_brou.shtml 2022年3月13日閲覧。 

外部リンク 編集

座標: 北緯27度57分57秒 西経82度26分36秒 / 北緯27.9658度 西経82.4434度 / 27.9658; -82.4434