ラ・バタイユ (パトリック・ランボーの小説)

ラ・バタイユ』(フランス語: La Bataille)は、1997年に出版されたパトリック・ランボーの小説である。題意は「戦闘」。同年アカデミー・フランセーズ賞ゴンクール賞を獲得した[1]

ラ・バタイユ
La Bataille
著者 パトリック・ランボーPatrick Rambaud
発行日 1997年
発行元 グラッセ
ジャンル 小説
フランスの旗 フランス
コード ISBN 2840112345
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

この作品は1809年5月21日から22日のアスペルン・エスリンクの戦いを描写している。1809年5月、ウィーン近郊において、ナポレオン軍(armées de Napoléon)はドナウ川に橋をかけて渡りオーストリアを攻撃した。ロバウ島(Lobau)へ撤退せざるを得なくなった。橋は破壊された。ランヌ元帥は殺された。これはフランス軍の危機であり、オーストリアの砲撃を受けたのである。関門は直ちに修復されることになり、新たな援軍とともにナポレオンはカール大公を彼の軍が配備されたワグラムWagram)の平野で6月に攻撃する計画を立てた。

小説では、架空の脇役たちが追加され、有名無名の歴史上の人物であふれている。中には例えばスタンダール、医師ドミニク=ジャン・ラレーDominique-Jean Larrey)、ルイ=アレクサンドル・ベルティエなどの元帥たち…。話の脇筋は壮大な歴史と絡み合い、細部まで大いなる敬意が払われ、それらは歴史家パトリック・ランボーの偉業である。

出版編集

脚注編集

  1. ^ Du côté de chez Drouant : Le Goncourt de 1979 à 2002 émission de Pierre Assouline sur France Culture le 24 août 2013.